川口英俊の晴耕雨読ブログ

チベット仏教を学ぶ会 「寺子屋スーパーサンガ」のご案内
http://www.supersamgha.jp/info/568/

林孝瑞師から以前よりお話を伺っておりましたが、ついに通訳を介さずに日本語で本場のチベット仏教をチベット仏教僧からダイレクトに学べる機会が参りました。

林孝瑞師が中心となってご準備なされてこられました『チベット仏教を学ぶ会 「寺子屋スーパーサンガ」』。いよいよ始動するようでございます。

ご興味のある方、参加ご希望の方は、どうぞお問い合わせ、お申込み下さいませ。拙生も参加できる日程には、なるべく参加できるように調えて参りたいと存じております。

http://www.supersamgha.jp/info/568/

九月より大阪で「寺小屋スーパーサンガ」と題し、チベット仏教を学ぶ会を開催いたします。講師はチベット仏教サキャ派で日本人初の〝ケンポ〟の認定を受けた奥田剛師。『三十七の菩薩の実践』『入菩薩行論』などのテキストを講義していただきます。チベット仏教を日本語で学べる貴重な機会です。関西にお住まいの皆さま、ふるってご参加ください。

会場:藤次寺 大阪市天王寺区生玉町1─6
   ※ネット配信(Ustream)準備中
会費:スーパーサンガ会員 1,000円
   非会員 2,000円
日時:平成28年9月14日(水)18:30より、毎月2回(第2・第4水曜日)
教材:『三十七の菩薩の実践』トクメー・サンポ著
   『入菩薩行論』シャーンティデーヴァ著など

講師プロフィール

奥田剛師(མཁན་པོ་ཀུན་དགའ་བསྟན་པ)。インドに再建されたゾンサル僧院のシェダ(学修院)とゴル僧院のドゥプダ(行院)での13年以上にわたる修業課程を修了、厳しい試験を受けて、2015年に日本人として初めての〝ケンポ〟(博士過程修了)の承認を得た。同年帰国し、現在は兵庫県姫路市の書寫山圓教寺に奉職。奥田師の師匠である大ケンポ、ケンチェン・クンガー・ワンチュック師(1921─2008) は、1983年にインドに再建されたゾンサル僧院に居を移し、僧侶の教育・指導にあたられた。『入菩薩行論』に関する注釈を著し、ダライ・ラマ法王も師より多くの教えを受け、特に『量評釈』に関しては師からの伝授に基づいて2015年12月、南インドのタシルンポ僧院で講伝を行った。

・・

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

お盆が明けましたが、余裕が無く、まだ回答再開できておりません・・誠に申し訳ございませんが、ご容赦の程をどうか宜しくお願い申し上げます。川口英俊合掌

hasunoha書籍化について(2016.8.4)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/b98530bd2870556669afc312c5022382

・・

11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・秘密集会灌頂」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/71ea7590873c6947990a018a34c56182

http://www.dalailamajapanese.com/webcasts/post/350-



http://dalailama-samaya.org/

密教は、了義か未了義か、つまり、勝義か方便か、ということについてですが、密教にも両方の教えが混在しているのは、顕教と同様であると考えます。実に密教も教えは様々です。

とにかく、顕教は方便、密教は勝義、というわけでは全くなく、どちらも、勝義と方便の双入をいかに図っていくべきかが問われることになります。

顕密に優劣を付けるとすれば、密教は、顕教よりもそのスピードを迅速にという感じであります。
所知障断滅のための福徳の資糧も顕密両者共に必要であるのも、やはり変わりはなく、違いはその資糧の積めるスピードにあるでしょう。

しかし、そのスピードは、車と同様、速い分、運転を誤り、事故れば大変な代償を負うことになってしまいます。

そのため、正式なラマから正しい道を示してもらわなければならないことになります。

あと3カ月を切りました。できる限りの予習に努めたいものでございます。


再読する予習本一覧・・

○・・再読了
→・・読み進め中

「チベット仏教哲学」
○「実践 チベット仏教入門」
○「チベット密教」
○「チベット密教 修行の設計図」
○「チベット密教 瞑想入門」
○「チベット密教 心の修行」
「チベット仏教の神髄」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」
「大乗荘厳経論研究」
「全訳 アティシャ 菩提道灯論」
「菩提道次第論 悟りへの階梯」
「パンチェン・ラマのラムリム」
「解脱の宝飾 道次第・解脱荘厳」
「ツォンカパ 菩提道次第大論の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
○「アーラヤ識とマナ識の研究」
「ツォンカパの中観思想」
「全訳 ツォンカパ 中論註「正理の海」」
「ツォンカパのチベット密教 真言道次第広論」
○「ゲルク派版 チベット死者の書」
○「チベット「死の修行」」
○「静寂と明晰 チベット仏教・ゾクチェン修習次第」
○「秘密集会タントラ和訳」
○「大秘密四タントラ概論」
○「吉祥秘密集会成就法清浄瑜伽次第」
→「秘密集会安立次第論註釈」
○「チベット密教教理の研究(一)修訂増補」
「秘密道次第大論(上)」


他、ダライ・ラマ法王猊下様によります基本書

○「ダライ・ラマの仏教入門」
○「ダライ・ラマの仏教哲学講義」
○「ダライ・ラマ「菩提心の解説」」
○「ダライ・ラマ 至高なる道」
○「ダライ・ラマ 般若心経入門」
○「ダライ・ラマの「中論」講義」
○「ダライ・ラマ 実践の書」
○「ダライ・ラマ 生き方の探究」
○「ダライ・ラマ 智慧の眼をひらく」
○「ダライ・ラマ 瞑想入門」
○「ダライ・ラマ 死と向き合う智慧」
○「ダライ・ラマの密教入門」
○「ダライ・ラマ法話 文殊の智慧による救い」

11月の秘密集会灌頂へと向けての記念講演会が、8月25日に大阪・清風学園にて開催されるようです。予習へ向けての最適な内容となるのではないだろうかと存じます。事前申し込み不要、入場料無料ですので、まだお考え中の方も是非に。

8/25『ダライ・ラマ法王秘密集会灌頂』記念講演会
http://samaya.jp/

消息筋によりますと、秘密集会灌頂の前行法話は、シャーンティデーヴァ大師・入菩薩行論・第一章「菩提心」のご解説となるようでございます。

まさに、仏道の要諦中の要諦としての菩提心の生起、世俗と勝義の二つの菩提心の共通の行道の次第についてのご法話をなさられてから、三摩耶・戒律を授けられて、正式な灌頂となるのではないだろうかと存じます。

是非、まだご検討中の方は、稀有貴重なるご法縁を授かる妙縁の機会に。

万が一、事故や病気など何かあって拙生が受けれなくても、お誘いした方が一人でも多く受けて頂ければ、誠に随喜功徳もできますゆえにて。

平日・金曜にて、仕事などで前行法話は参加できなくても、土日の二日間の灌頂だけ参加することもできるようです。

菩提心の解説であれば、前回の「入菩薩行論・文殊菩薩の許可灌頂」でも扱われておりますので、金曜は休まれても、録画の内容を拝聴致して事前によく学んでおくだけでも本番の灌頂に備えることができるのではないかと存じます。

(2016.7.28追記)

・・

秘密集会灌頂の前行法話は何になるでしょうか?

灌頂の二日間には参加できても、金曜日の前行法話には多分行けませんので教えて下さい、と拙生に聞かれましても…

法王様は多分直前の直感にてお決めになられることもあるため、事務局もまだそれは分からないのでは…

ただ、何となく、これまでの未熟浅学なる拙い学びからに過ぎませんが、この度の前行法話が1日だけでの、しかも逐語通訳であり、さほどに長い典籍は扱えないこと、チベット密教ゲルク派における最重要なる灌頂であることと、ツォンカパ大師から歴代ダライ・ラマ様の密教の系譜も鑑みまして、ダライ・ラマ7世様の「中観の四念住」が最適となるのではないだろうかと、畏れ多くにも予想をさせて頂きました。(きっと外れるかとは思いますが・・)

難しい内容もございますが、学びの一つとしてお勧めをさせて頂きました。

何となく予習本から意図的に外してはいたのですが、やはり、改めて追記をしておきたいと存じます。

DVDブック「ダライ・ラマ法話 文殊の智慧による救い」

・・

Facebook・Twitterと当ブログも併せて、もう10名以上は、既にお誘いができたのではないだろうかと、僭越ながらにも存じております。

直接に、参加します、と、メッセージも幾人かに頂いております。まだお会いできておりません方とご挨拶ができますことも、誠に待ち遠しい限りでございます。

事務局でもない拙生へと有り難くにもお問い合わせを頂く中でのやり取りにて、そう言われれば、授戒と引導を、授記と灌頂と置き換えれば、自分自身の生前葬儀と考えても、あながち間違いではないかと思えるような内容もございました。

葬儀も灌頂も、仏縁、法縁を確かに結び、仏界、浄土へと向かい、仏道に正式本格的に入門するための儀軌と考えれば、まさにその通りとなります。

もちろん、どちらにおいてでも、悟り・涅槃へと向けては、智慧と方便、自利利他を円満に成就していくための実践が当然に欠かせずに必要となる次第ではございますが、、

とにかく、一人でも多くの方にご参加をして頂くことで、仏縁、法縁を確かに結んで頂きまして、一人でも多くの方に、仏道の取り組みに努めて頂けることとなれば、未熟愚鈍なる拙生などより、自利利他を確かに成して頂けていくことになるかもしれず、それもまた、僅かにでもお誘いできました拙生の功徳にもなるものであるかと考えております。

また、入壇料の五万円が高いか安いかと聞かれたので、お金ではとても換算できるようなものではない、尊くかけがえのない貴重なる儀軌におけることなのですが、例えば、自分の葬儀への布施として考えれば、ある程度、高いか安いかは判断できるのではないでしょうかと、お答えさせて頂きました。(正直なところ五万円が百万円であっても、この度の灌頂は借金してでも参加したいと存じております。それが一千万円とかでは、現実、無理だと諦めるかもしれませんが…)

とにかく、定員に達して申し込みが締め切りになるまで、拙生なりには更にお誘いができましたらと考えております。

是非、ご参加ご検討下さいませ。

「ダライ・ラマ法王猊下様・秘密集会灌頂」・7/15から一般申し込み開始
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/05dca93466756cecef7c76aa63e07791

清風学園校長・種智院大学客員教授の平岡宏一先生によります、この度の「秘密集会灌頂」開催への想いが、早稲田大学教育・総合科学学術院教授の石濱裕美子先生のブログにて綴られています。

石濱裕美子先生ブログ「歴史的な灌頂の募集始まる」
http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-789.html



















正直、このために前世から今生へと参りました。

稀有貴重なる尊い儀軌を悟りへの資糧へと最大限に活かさなければなりません。

今回は特に、チベット密教最奥義なる灌頂。しかも、ダライ・ラマ法王猊下様によるご導師。

カタチだけ、物見遊山、興味本位によるものでは、全く意味がありませんし、逆に一歩間違えれば、とんでもない過ち、悪趣へ陥る危険もあるだけに、迎えるにあたり、かなりの真摯さ、慎重さも必要となります。

とにかく残された時間は限られていますが、空性の理解を更に極限にまで深めると共に、ツォンカパ大師の典籍を更にできる限り限界まで読み込んで参りたいと存じます。



深遠なる真実義をお説きになられますダライ・ラマ法王猊下様に最敬礼申し上げます。合掌九拝

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

ダライ・ラマ法王猊下様・2016年・御来日法話「入菩薩行論・文殊菩薩の許可灌頂」(2016.5.13)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/5813d9bce83de8196ec66b3c3fb9f107

http://www.dalailamajapanese.com/webcasts/post/350-

ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html

2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html

2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13

2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df

2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12

ダライ・ラマ14世法王猊下様・公式サイト日本語版
http://www.dalailamajapanese.com/

ダライ・ラマ14世法王猊下様・Facebook日本版公式ページ
https://www.facebook.com/dalailamajapanese

・・

『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392

「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d

「仏教と戦争 ~ 戦後70年と仏教 ~」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b

「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c

「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f

「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76

・・

悟りへの因縁・修習・階梯について
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98

以下は、続きとしての定型記事一覧となります。
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b
ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。
スポンサーサイト

PageTop