FC2ブログ

川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・法句経・第26章・407-410

ダンマパダ・法句経・第26章・407-410

第26章 バラモン

407 芥子粒が錐の尖端から落ちたように、愛著と憎悪と高ぶりと隠し立てとが脱落した人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

408 粗野ならず、ことがらをはっきりと伝える真実のことばを発し、ことばによって何人の感情をも害することのない人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

409 この世において、長かろうと短かろうと、微細であろうと粗大であろうとも、浄かろうとも不浄であろうとも、すべて与えられていない物を取らない人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

410 現世を望まず、来世をも望まず、欲求がなくて、とらわれの無い人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

芥子粒が錐(きり)の尖端(せんたん)から落ちたように(粘着してとどまることがない、執着がないことの喩え)、愛著(愛執)と憎悪と高ぶり(高慢)と隠し立て(自らの過ちを隠すこと)とが脱落(無い)した人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

粗野(いい加減)ならず、(嘘が無く)ことがらをはっきりと伝える真実の言葉を発し、言葉によってどのような人の感情をも害することのない人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

この世において、長かろうと短かろうと、微細であろうと粗大であろうとも、浄かろうとも不浄であろうとも、全てにおいて与えられていない物を取らない(欲さない、盗まない)人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

現世を望まず、来世をも望まず(この世も、次の世も望まずに、輪廻転生の苦しみの素因から離れて)に、欲求(渇愛)が無くて、とらわれ(執着)の無い人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。
スポンサーサイト



PageTop