川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・第25章・369・370・372

ダンマパダ・法句経・第25章・369・370・372

第25章 修行僧

369 修行僧よ。この舟から水を汲み出せ。汝が水を汲み出したならば、舟は軽やかにやすやすと進むであろう。貪りと怒りとを断ったならば、汝はニルヴァーナにおもむくであろう。

370 五つ(の束縛)を断て。五つ(の束縛)を捨てよ。さらに五つ(のはたらき)を修めよ。五つの執著を超えた修行僧は、<激流を渡った者>とよばれる。

372 明らかな知慧の無い人には精神の安定統一が無い。精神の安定統一していない人には明らかな知慧が無い。精神の安定統一と明らかな知慧とがそなわっている人こそ、すでにニルヴァーナの近くにいる。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

修行僧たちよ、この舟(身体・心)から水(執着・価値・所有)を汲み(離し)出せ。汝が水(執着・価値・所有)を汲み(離し)出したならば、舟(身体・心)は軽やかにやすやすと(安らぎへと)進むであろう。貪りと怒りとを断ったならば、汝はニルヴァーナ(涅槃)におもむくであろう。

五つ(の束縛・執着、心を欲界に結び付ける五つの煩悩、五下分結、欲貪・瞋恚・有身見・戒禁取・疑)を断て。五つ(の束縛・執着、心を色界・無色界に結び付ける五つの煩悩、五上分結、色貪・無色貪・掉挙・慢・無明)を捨てよ。さらに五つ(の働き、五根、信・精進・念・定・慧)を修めよ。五つの執著(貪り・怒り・迷妄・高慢・無知(誤った見解))を超えた修行僧は、激流を渡った者(預流者)とよばれる。

明らかな知慧の無い人(無明の中を彷徨い、真理を悟るに遠い者)には精神の安定統一(禅定)が無い。精神の安定統一(禅定)していない人には明らかな知慧が無い。精神の安定統一(禅定)と明らかな知慧とが備わっている人こそ、すでにニルヴァーナ(涅槃)の近くにいる。
スポンサーサイト

PageTop