川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・法句経・第24章・334-336

ダンマパダ・法句経・第24章・334-336

第24章 愛執

334 恣(ほしいまま)のふるまいをする人には愛執が蔓草のようにはびこる。林のなかで猿が果実を探し求めるように、(この世からかの世へと)あちこちにさまよう。

335 この世において執著のもとであるこのうずく愛欲のなすがままである人は、もろもろの憂いが増大する。---雨が降ったあとにはビーラナ草がはびこるように。

336 この世において如何ともし難いこのうずく愛欲を断ったならば、憂いはその人から消え失せる。---水の滴(しずく)が蓮華から落ちるように。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

理性が無く、智慧も無い状態で感情・本能・遺伝子に支配されて欲の赴くままにふるまう者には、愛執が蔓草のようにはびこって、林の中で猿が果実を探し求めて彷徨い続けるように、この世から次の世へと輪廻転生の苦しみが続いていくこととなる。

この世における執着の大いなる素因となる愛欲を離せず無くせずにいる者には、諸々の憂い・苦しみが増大する。雨が降ったあとに、ビーラナ草がはびこるように。

この世において、この何とも離し無くすのが難しい愛欲を断ったならば、憂い・苦しみがその者から消え失せる。水の滴(しずく)が蓮華から落ちるように。
スポンサーサイト

PageTop