川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・法句経・第22章・314

ダンマパダ・法句経・第22章・314

第22章 地獄

314 悪いことをするよりは、何もしないほうがよい。悪いことをすれば、後で悔いる。単に何かの行為をするよりは、善いことをするほうがよい。なしおわって、後で悔いがない。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

悪行をするぐらいであれば、かえって何もしないほうが良い。悪行は必ず後に悔いることとなる。単に何かの行為をする場合には、善行の方が良い。その方が、後の悔いがない。

少欲知足が大切、煩悩・執着の種をできる限り作らずに、仮に作ってしまったとしても、離して、無くすことに努力して過ごさなければならない。
スポンサーサイト

PageTop