川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・法句経・第21章・290・305

ダンマパダ・法句経・第21章・290・305

第21章 さまざまなこと

290 つまらぬ快楽を捨てることによって、広大なる楽しみを見ることができるのなら、心ある人は広大な楽しみをのぞんで、つまらぬ快楽を捨てよ。

305 ひとり坐し、ひとり臥し、ひとり歩み、なおざりになることなく、わが身をととのえて、林のなかでひとり楽しめ。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

つまらぬ一瞬・一時の享楽・快楽・満足に浸るのを捨てることによって、大いなる安楽を得ることができるのならば、智慧ある者は、大いなる安楽である涅槃を目指して、下らない一瞬・一時の享楽・快楽・満足を捨てよ。

そして、独り坐して、独り臥して、独り歩み、努め励み、慎み身を調えて、林の中で独り安楽なる涅槃の境地に至れ。
スポンサーサイト

PageTop