川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・法句経・第20章・273・274

ダンマパダ・法句経・第20章・273・274

第20章 道

273 もろもろの道のうちでは<八つの部分よりなる正しい道>が最もすぐれている。もろもろの真理のうちでは<四つの句>(=四諦)が最もすぐれている。もろもろの徳のうちでは<情欲を離れること>が最もすぐれている。人々のうちでは<眼ある人>(ブッダ)が最もすぐれている。

274 これこそ道である。(真理を)見るはたらきを清めるためには、この他に道は無い。汝らはこの道を実践せよ。これこそ悪魔を迷わして(打ちひしぐ)ものである。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

諸々の道のうちでは八正道(正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定)が最もすぐれている。諸々の真理のうちでは四聖諦(苦諦・集諦・滅諦・道諦)が最もすぐれている。諸々の徳のうちでは情欲を離れることが最もすぐれている。人々のうちでは、目覚めたる人、ブッダが最もすぐれている。

八正道こそが選ぶべき道である。真理を見る働きを清めるためには、この他に道は無い。汝らはこの道を実践せよ。これこそ悪魔を迷わして、(煩悩)に打ち勝つものである。

苦諦・・諸行無常・諸法無我がなかなか理解できずに無明の中、苦しんでいる真理。
集諦(じったい)・・その苦しみの原因は執着(妄執)・煩悩にあるという真理。
滅諦・・執着(妄執)・煩悩を滅した境地が悟りであるという真理。
道諦・・執着(妄執)・煩悩を滅して悟りの境地に達して、苦しみから解脱して涅槃へと至るには、八正道(正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定)の実践が必要になるという真理。
スポンサーサイト

PageTop