川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・第17章・223・224・225

ダンマパダ・法句経・第17章・223・224・225

第17章 怒り

223 怒らないことによって怒りにうち勝て。善いことによって悪いことにうち勝て。わかち合うことによって物惜しみにうち勝て。真実によって虚言の人にうち勝て。

224 真実を語れ。怒るな。請われたならば、乏しいなかから与えよ。これらの三つの事によって(死後には天の)神々のもとに至り得るであろう。

225 生きものを殺すことなく、つねに身をつつしんでいる聖者は、不死の境地(くに)におもむく。そこに至れば、憂えることがない。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

怒らないことによって怒りにうち勝ち、善行によって悪行に打ち勝ち、分かち合うこと(喜捨功徳)によって物惜しみ(執着・貪り)に打ち勝ち、真実によって虚言の者に打ち勝て。

真実を語り、怒らずに、喜捨功徳を積む。この三つをもって死後は天界へと至るであろう。

更に殺生をせずに常に仏法僧の三宝に帰依して、怠らずに努め励む者は、涅槃の境地へと至り、もはや迷いの生存を繰り返すことなく、輪廻転生の苦しみから解脱し、憂うことは何も無くなるであろう。
スポンサーサイト

PageTop