川口英俊の晴耕雨読ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「華厳とは何か」・「華厳の思想」・「無限の世界観「華厳」」を追加

施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第二弾

下記を新たに追加しました。

「華厳とは何か」竹村牧男著・春秋社
「華厳の思想 (講談社学術文庫)」鎌田茂雄著・講談社
「無限の世界観「華厳」―仏教の思想〈6〉 (角川文庫ソフィア)」鎌田茂雄著・上山春平著・角川書店

「講座・大乗仏教 如来蔵思想」を読み終えました。次は、「華厳とは何か」を読み進めて参ります。

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前 □・随時参照)

○「純粋仏教―セクストスとナーガールジュナとウィトゲンシュタインの狭間で考える」
 黒崎宏著・春秋社
○「空の思想―仏教における言葉と沈黙」
 梶山雄一著・人文書院
○「空の実践 ブッディスト・セオロジー(4)」(講談社選書メチエ)
 立川武蔵著・講談社
○「唯識の哲学」(サーラ叢書 23)
 横山紘一著・平樂寺書店
△「日本仏教の思想 受容と変容の千五百年史」(講談社現代新書)
 立川武蔵著・講談社
▽「涅槃経―如来常住と悉有仏性」 (サーラ叢書 26)
 横超慧日著・平楽寺書店
▽「中観と空1・梶山雄一著作集4」
 梶山雄一著・御牧克己編・春秋社
▽「空と中観」
 江島惠教著・春秋社
○△「仏教思想・7・空・下」
 仏教思想研究会編・平樂寺書店
▽「般若思想史」ワイド版版
 山口益著・法蔵館
△△「講座・大乗仏教 認識論と論理学」
 春秋社
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
▽「仏性思想の展開」
 奥野光賢著・大蔵出版
○「講座・大乗仏教 如来蔵思想」
 春秋社
○「仏教の倫理思想―仏典を味読する (講談社学術文庫)」
 宮元啓一著・講談社
▽「般若心経とは何か―ブッダから大乗へ」
 宮元啓一著・春秋社
▽「ブッダが考えたこと―これが最初の仏教だ」
 宮元啓一著・春秋社
▽「インド哲学七つの難問 (講談社選書メチエ)」
  宮元啓一著・講談社
→「華厳とは何か」
 竹村牧男著・春秋社
▽「華厳の思想 (講談社学術文庫)」
 鎌田茂雄著・講談社
▽「無限の世界観「華厳」―仏教の思想〈6〉 (角川文庫ソフィア)」
 鎌田茂雄著・上山春平著・角川書店
▽「中論」改訂版
 ナーガールジュナ(竜樹尊者)著・西嶋(愚道)和夫訳・金沢文庫
▽「大乗仏典」
 長尾雅人責任編集・中央公論社
▽「無心ということ」
 鈴木大拙著・角川ソフィア文庫
▽「禅とは何か」
 鈴木大拙著・角川ソフィア文庫
▽「禅」
 鈴木大拙著・ちくま文庫
▽「禅と唯識―悟りの構造」
 竹村牧男著・大法輪閣
▽「唯識思想論考」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
▽「唯識とは何か―『法相二巻抄』を読む」
   横山紘一著・春秋社
▽「大智度論講述」
 宇野順治著・永田文昌堂
▽「大乗としての浄土―空・唯識から念仏へ」
 山口益著・大法輪閣
▽「唯識の探求 『唯識三十頌を読む』」
 竹村牧男著・春秋社
▽「講座・大乗仏教 大乗仏教とその周辺」
 春秋社
□大乗仏典・中公文庫 1
 般若部経典・金剛般経
□大乗仏典・中公文庫 2
 八千頌般若経Ⅰ
□大乗仏典・中公文庫 3
 八千頌般若経Ⅱ
□大乗仏典・中公文庫 7
 維摩経・首楞厳経
□大乗仏典・中公文庫 8
 十地経
□大乗仏典・中公文庫 12
 如来蔵系経典
□大乗仏典・中公文庫 14
 龍樹論集
□大乗仏典・中公文庫 15
 世親論集

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第一弾

施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm

補足「即非の論理」について
http://oujyouin.com/engisokuhinoronri.htm

般若思想・中観思想の学びを進めて参りまして、少しは空・縁起の理解が及んだのではないかと僭越ながらもこの未熟者、考えております。

もちろん、理論だけで留まっていてはいけませんので、日々の実践で試行錯誤を繰り返しながらでも活かしていきながら、更に大乗仏教の学びを並行して進めていければと考えております。

そこで、まだ般若思想・中観思想の学びの精査をもっとしっかりと進めるに留めておくべきか、それともいよいよ如来蔵・仏性思想(やや懐疑面がまだありますが)の世界へと本格的に足を踏み入れるべきか・・

後者を選択するならば、空の理解・縁起観、唯識思想の展開としてもっとも近い華厳思想からまずは入ってみようかと考えております。

空の理解につきまして、悪取空見の疑いがあるかどうかを今一度見直した上で、如来蔵・仏性思想の学び、華厳思想の学びを進めてみようかと思っております。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。