川口英俊の晴耕雨読ブログ

「C点による時空論」紹介

余談ですが、今年のノーベル物理学賞に南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏の3氏が選ばれました。受賞理由は素粒子論の発展への貢献であります。

宇宙創生に関する理論研究が進む中、宇宙空間の85%ほどを占めているとされるダークマター・ダークエネルギーの正体についてもいずれ解明されるかもしれませんが、一切知見者であるお釈迦様は二千六百年あまり前に既にその正体についても十分に知見されていたものと私は考えております。そのことについて、下記「C点による時空論」が一つのヒントではないかと私は考えておりまして、前回施本においても触れさせて頂きました。非有非無のC点とは。。

宇宙物理学・量子物理学、素粒子学がお釈迦様の知見に近づく日が来るかどうか・・これから誠に楽しみでありますし、仏教と物理と全く分野の違うところのものが、いずれ同じ分野になりそうな、「C点による時空論」はそんな可能性も秘めていることを示していると考えています。

是非、「C点による時空論」を一読してみて下さい。。

「C点による時空論」
http://www016.upp.so-net.ne.jp/jikuron/

施本 「仏教・空の理解」
二、仏教の基本法理・四法印の理解内にて取り上げております。
http://www.hide.vc/sunya2.htm

施本 「仏教・空の理解」
http://www.hide.vc/sunyatop.htm
スポンサーサイト

PageTop