川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・第14章・190・191・192

ダンマパダ・法句経・第14章・190・191・192

第14章 ブッダ

190・191 さとれる者(=仏)と真理のことわり(=法)と聖者の集い(=僧)とに帰依する人は、正しい知慧をもって、四つの尊い真理を見る。--- すなわち(1)苦しみと、(2)苦しみの成り立ちと、(3)苦しみの超克と、(4)苦しみの終滅(おわり)におもむく八つの尊い道(八聖道)とを(見る)。

192 これは安らかなよりどころである。これは最上のよりどころである。このよりどころにたよってあらゆる苦悩から免(まぬが)れる。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

仏教における真理の真髄を示した重要な三つの句であります。

仏法僧の三宝に真に帰依したる者は、正しい智慧によって、四聖諦を悟ることとなる。四聖諦こそ最上たる安楽(涅槃)のよりどころであり、三界(欲界・色界・無色界)の輪廻転生の苦悩から解脱するためのよりどころである。

四つの尊い真理・・四聖諦(苦諦・集諦・滅諦・道諦)

苦諦・・諸行無常・諸法無我がなかなか理解できずに無明の中、苦しんでいる真理。
集諦(じったい)・・その苦しみの原因は執着(妄執)・煩悩にあるという真理。
滅諦・・執着(妄執)・煩悩を滅した境地が悟りであるという真理。
道諦・・執着(妄執)・煩悩を滅して悟りの境地に達して、苦しみから解脱して涅槃へと至るには、八正道(正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定)の実践が必要になるという真理。
スポンサーサイト

PageTop