川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・法句経・第14章・184・185

ダンマパダ・法句経・第14章・184・185

第14章 ブッダ

184 忍耐・堪忍は最上の苦行である。ニルヴァーナは最高のものであると、もろもろのブッダは説きたまう。他人を害する人は出家者ではない。他人を悩ます人は(道の人)ではない。

185 罵らず、害わず、戒律に関しておのれを守り、食事に関して(適当な)量を知り、淋しいところにひとり臥し、坐し、心に関することにつとめはげむ。---これがもろもろのブッダの教えである。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

煩悩に負けないように己を自制し、克己して耐(堪)え忍ぶのは、実に厳しい修行である。涅槃(=ニルヴァーナ・苦の輪廻転生からの解脱)は最高の安楽にあると目覚めたる人たち(=ブッダ)は説き奉る。他人を害するものは出家者にあらず、他人を悩ます者は、仏道を歩む者ではない。罵らず、害わず、戒律を守り、食事も貪らずに足るところを知り、俗世間とは隔絶したるところにて独り坐して臥し、心の修養に努め励むこと。これがブッダたちの教えである。
スポンサーサイト

PageTop