川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・法句経・第14章・183

ダンマパダ・法句経・第14章・183

第14章 ブッダ

183 すべて悪しきことをなさず、善いことを行ない、自己の心を浄めること、---これが諸の仏の教えである。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

仏教の真髄を表したものが、183であり、これがつまり「七仏通誡偈」と言われるもので、過去七仏(釈尊を含む)を讃える偈として、日本においても特に禅では重んじられて読経されています。

諸悪莫作(しょあくまくさ)
衆善奉行(しゅうぜんぶぎょう)
自浄其意(じじょうごい)
是諸仏教(ぜしょぶつきょう)

この偈の意味を理解できたとしても、真に実践することはなかなかにも難しいものであります。
スポンサーサイト

PageTop