川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・法句経・第14章・179・180

ダンマパダ・法句経・第14章・179・180

第14章 ブッダ

179 ブッダの勝利は敗れることがない。この世においては何人も、かれの勝利には達しえない。ブッダの境地はひろくて涯(はて)しがない。足跡をもたないかれを、いかなる道によって誘(いざな)い得るであろうか?

180 誘なうために網のようにからみつき執著をなす妄執は、かれにはどこにも存在しない。ブッダの境地は、ひろくて涯しがない。足跡をもたないかれを、いかなる道によって誘い得るであろうか?

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

悟りを得たる者(ブッダ)は、この世の最勝利者であり、この世の最後の生であり、もはやいかなる世俗の煩悩たち(マーラ)も彼を打ち負かすことはできない。執着・妄執を完全に無くし、煩悩を滅したその境地は、無量にして、自在であり、まるで虚空を歩くがごとくであり、俗人には到底知り得ることができない。
スポンサーサイト

PageTop