川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・法句経・第12章・158・159

ダンマパダ・法句経・第12章・158・159

第12章 自己

158 先ず自分を正しくととのえ、次いで他人を教えよ。そうすれば賢明な人は、煩わされて悩むことが無いであろう。

159 他人に教えるとおりに、自分でも行なえ---。自分をよくととのえた人こそ、他人をととのえるであろう。自己は実に制し難い。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

まず何よりも自らが正しく(諸行無常・諸法無我・涅槃寂静・一切皆苦の四法印、苦諦・集諦・滅諦・道諦の四聖諦)真理を学び、八正道(正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定)を実践して、執着・煩悩を無くすことに努めて、それからようやくにして他人にも仏法を説き教えることができる。とにかくまずは己を調えての自制・克己である。
スポンサーサイト

PageTop