川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・法句経・第11章・146・148

ダンマパダ・法句経・第11章・146・148

第11章 老いること

146 何の笑いがあろうか。何の歓びがあろうか?---世間は常に燃え立っているのに---。汝らは暗黒に覆われている。どうして燈明を求めないのか?

148 この容色は衰えはてた。病いの巣であり、脆くも滅びる。腐敗のかたまりで、やぶれてしまう。生命は死に帰着する。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

諸行無常なるこの世において、何をのんびりと笑い、歓んでいるのか!こうしている間にも汝の身体は醜く衰え果て、脆くも滅び去ろうとしているのに!さあ、早く諸行無常・諸法無我の真理という燈明を悟り、無明を離れ、解脱・涅槃への道を求めよ!
スポンサーサイト

PageTop