川口英俊の晴耕雨読ブログ

「無常法―仏教思想研究」

さて、既に施本「仏教・空の理解」の内容についての執着を外しておりますが、とにかくこれまでの三作における考察の検証・反省も併せて進めて参ります。とにかく少しずつながらも一つ一つであります。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

「無常法―仏教思想研究」が本日に届きました。


読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
→「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
▽「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
スポンサーサイト

PageTop