川口英俊の晴耕雨読ブログ

「大乗起信論」

さて、既に施本「仏教・空の理解」の内容についての執着は離しておりますが、改めて「大乗起信論」宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫を読み進めますと、以前よりか遙かに理解が及んできたような気がしております。施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」で唯識派の唯識論の考察を行い、そして施本「仏教・空の理解」で中観派の空論の考察を行ってきました。何とかその甲斐もあってであると、未熟者・浅学非才の身ながらも思います。とにかく一歩一歩であります。

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
スポンサーサイト

PageTop