川口英俊の晴耕雨読ブログ

中論考察

中論考察


とにかく前作では中論をしっかりと考察消化しないまま中途半端に唯識論について扱ってしまい、非有非無の中道についてあまり深くは述べておりませんでした。その反省から施本第三弾へ向けて、中論の理解を今一度しっかりと進めた上で、而二不二、無分別の分別についても補完できればと考えております。更には空・仮・中の三諦、世俗諦と勝義諦の二諦についてもしっかりと扱いたいと存じます。

龍樹 (講談社学術文庫)中村 元著
龍樹・親鸞ノート (法蔵館) 三枝 充悳著
大乗起信論 (岩波文庫) 宇井 伯寿著、高崎 直道著
東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学 (中公文庫BIBLIO) 井筒 俊彦著

空・仮・中の三諦・・

無我、無自性、無相、空、空性、虚空、無自性空、縁起空・・仮有、仮名(けみょう)、仮設、虚妄(こもう)、虚仮、錯覚、幻(まぼろし)、幻覚、幻想、幻影、陽炎、逃げ水、蜃気楼、夢・・非有非無、八不(不生・不滅・不常・不断・不一・不異・不来・不去)、無記、無分別、而二不二、平等、真如、一如、諸法実相。

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
スポンサーサイト

PageTop