川口英俊の晴耕雨読ブログ

感興のことば・第29章・29-32

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第29章・29-32

第29章 ひと組みずつ

29-32 その人々の迷いの生存は消え失せ、こなたの端に依存することなく、その人々の境地は空にして無相であり、遠ざかり離れること・心の安定統一・であるならば、かれらの足跡・行く道はたどり難い。空飛ぶ鳥の跡のたどりがたいようなものである。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

29-32 その人々の迷いの生存(苦の輪廻)は消え失せ(解脱し)、こなたの端(迷いの世界)に依存することなく、その人々の境地は空にして無相であり(無我・無執着・無所有・無価値)、遠ざかり離れること(煩悩の元から離れ)・心の安定統一(禅定状態)であるならば、かれらの足跡・行く道はたどり難い(虚空無辺の歩みである)。空飛ぶ鳥の跡のたどりがたいようなものである。
スポンサーサイト

PageTop