川口英俊の晴耕雨読ブログ

感興のことば・第28章・10・11

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第28章・10・11

第28章 悪 

10 人が何をしようとも、その報いが自分に起るのを見る。善いことを行なった人は良い報いを見、悪いことを行なった人は悪い報いを見る。

11 みずから悪をなすならば、つねに自分が汚れる。みずから悪をなさないならば、自分が浄まる。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

10 (他)人が何を(どのようなことを)しようとも、その報いが自分に起るのを見る。(因果応報)。善いことを行なった人は良い報いを見(善行善果)、悪いことを行なった人は悪い報いを見る(悪行悪果)。

11 みずから悪をなすならば、つねに自分が汚れる(悪行悪果)。みずから悪をなさないならば、自分が浄まる。
スポンサーサイト

PageTop