川口英俊の晴耕雨読ブログ

ダンマパダ・第3章・33・35・36・37

ダンマパダ・法句経・第三章・三十三・三十五・三十六・三十七

第三章 心

三十三 心は、動揺し、ざわめき、護り難く、制し難い。英知ある人はこれを直くする。---弓矢職人が矢柄を直くするように。

三十五 心は、捉え難く、軽々とざわめき、欲するがままにおもむく。その心をおさめることは善いことである。心をおさめたならば、安楽をもたらす。

三十六 心は、極めて見難く、極めて微妙であり、欲するがままにおもむく。英知ある人は心を守れかし。心を守ったならば、安楽をもたらす。

三十七 心は遠くに行き、独り動き、形体なく、胸の奥の洞窟にひそんでいる。この心を制する人々は、死の束縛からのがれるであろう。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

克己して心を自制していくことは、誠に難しい。しっかりと英知を磨いて、心をおさめたならば、確実に安楽・涅槃へと向かっていくことができる。
スポンサーサイト

PageTop