川口英俊の晴耕雨読ブログ

感興のことば・第26章・21

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第26章・21

第26章 安らぎ(ニルヴァーナ) 

21 不生なるものが有るからこそ、生じたものの出離をつねに語るべきであろう。作られざるもの(=無為)を観じたならば、作られたもの(=有為)から解脱する。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

21 不生なるもの(苦しみの無い安らかな涅槃の域)が有るからこそ、生じたものの(無常なる中における現象・存在の因縁性からの)出離(我執・愛執・妄執などの執着、煩悩を離れること)をつねに語るべきであろう。作られざるもの(=無為(苦しみの無い安らかな涅槃の域))を観じたならば、作られたもの(=有為)(迷い・煩悩・苦しみの世界)から解脱する。
スポンサーサイト

PageTop