川口英俊の晴耕雨読ブログ

感興のことば・第25章・1・2

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第25章・1・2

第25章 友

1 明らかな智慧のある人が友達としてつき合ってはならないのは、信仰心なく、ものおしみして、二枚舌をつかい、他人の破滅を喜ぶ人々である。悪人たちと交わるのは悪いことである。

2 明らかな智慧のある人が友達としてつき合うべき人々は、信仰心があり、気持のよい、素行のよい、学識ゆたかな人々である。けだし立派な人々と交わるのは善いことである。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

1 明らかな智慧のある人が友達としてつき合ってはならないのは、(仏法に)信仰心なく、ものおしみして(貪って執着を離し難い)、二枚舌をつかい(悪語を使い)、他人の破滅を喜ぶ人々である。悪人たちと交わるのは(そのまま)悪いこと(悪行為)である。

2 明らかな智慧のある人が友達としてつき合うべき人々は、(仏法に)信仰心があり、気持のよい(心が落ち着いていて)、素行のよい(品行方正で)、学識ゆたかな人々(仏法の学びが進んでいる人々)である。けだし立派な人々と交わるのは(そのまま)善いこと(善行為)である。
スポンサーサイト

PageTop