川口英俊の晴耕雨読ブログ

感興のことば・第18章・21

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第18章・21

第18章 花

21 (諸の存在の実体は)ウドゥンバラ樹の花(優曇華)をもとめても得られないようなものだとさとって、諸の存在のうちに堅固なものを見出さなかった修行僧はこちらの岸を捨て去る。---蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。

池に生える蓮華の茎や花をば、水にもぐって折り取るように、情欲・憎しみ・迷妄・おごり高ぶり・貪ぼり・愛執をすっかりと断ち切った修行僧はこちらの岸を捨て去る。---蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

21 (諸の存在の実体は)ウドゥンバラ樹の花(優曇華)をもとめても得られないようなもの(実体としての固定した我はない・諸法無我)だとさとって、諸の存在のうちに堅固なもの(執着・束縛)を見出さなかった修行僧はこちらの岸(煩悩の世・苦の輪廻)を捨て去る。---蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。

池に生える蓮華の茎や花をば、水にもぐって折り取るように、情欲・憎しみ・迷妄・おごり高ぶり・貪ぼり・愛執をすっかりと断ち切った修行僧はこちらの岸(煩悩の世苦の輪廻)を捨て去る。---蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。
スポンサーサイト

PageTop