川口英俊の晴耕雨読ブログ

感興のことば・第9章・17・18

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第9章・17・18

第9章 行ない

17 悪い事をしても、その業(カルマ)は、しぼり立ての牛乳のように、すぐに固まることはない。(徐々に固まって熟するのである。)その業は、灰に覆われた火のように、(徐々に)燃えて悩ましながら、愚者につきまとう。

18 悪い事をしても、その業(カルマ)は、刀剣のように直ぐに斬ることは無い。しかし、来世におもむいてから、悪い行ないをした人々の行きつく先を知るのである。のちに、その報いを受けるときに劇しい苦しみが起る。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

17 悪い事(悪行)をしても、その業(カルマ)は、しぼり立ての牛乳のように、すぐに固まることはない。(徐々に固まって熟するのである。)(すぐにその業の報いがやってくるというわけではない)。その業は、灰に覆われた火のように、(徐々に)燃えて悩ましながら、(輪廻の中、)愚者につきまとう。

18 悪い事(悪行)をしても、その業(カルマ)は、刀剣のように直ぐに斬ることは無い。(すぐにその業の報いがやってくるというわけではない)。しかし、来世(次の輪廻)におもむいてから、悪い行ない(悪行)をした人々の行きつく先を知るのである。のち(の輪廻)に、その報いを受けるときに劇しい(激しい)苦しみが起る。
スポンサーサイト

PageTop