川口英俊の晴耕雨読ブログ

「あらゆる全てはシャボン玉」

「あらゆる全てはシャボン玉」
往生院だよりコラム・平成19年11月号より
http://oujyouin.com/tayori1911.html

 仏教の基本は、四法印(諸行無常・諸法無我・一切皆苦・涅槃寂静)、四聖諦(苦諦・集諦・滅諦・道諦)の真理の理解、八正道(正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定)の実践にあります。今回は、「一切皆苦」における「苦しみの原因・素因」について改めて考えて参りたいと存じます。
 まずは、平成19年度お盆施餓鬼法要・法話の一説からの抜粋となります。
 皆さんに「シャボン玉はほしいと思いますか?」と聞いても、普通、誰も「そんなもの別にほしくは無い」と答える、というよりも、「ほしいと思ってもすぐに持てなくなるものがシャボン玉じゃないか、そんなものは最初からいらない」と答える。
 そう、シャボン玉は、あっという間に壊れ、崩れ去る泡沫、すぐに形が無くなるもの、一瞬しか形がもたないものと、みんなちゃんと理解している。であるから、もちろん壊れても形が消えても無くなっても別に悲しくも苦しくも何とも思わない。当然ながら貪(むさぼ)りも怒りも生じない。
 しかし、一方で、己の身体はどうであろうか・・みんないつまでもほしくてたまらない・・少しでも身体が変化して老いゆき、病気となって壊れゆくと、死が近づくと、嘆き、悲しみ、苦しんでしまう・・もっとほしいと貪ろうとし、貪れないと怒りが増大してゆく・・
 所詮はシャボン玉も身体も、諸行無常なる中においては、泡沫で脆く崩れ消え去って滅してゆくものに変わりは無い、ではどうして一方では苦しみが全く生じないのに、一方では耐え難い苦しみが生じてしまうのか・・
 苦しみの原因がそこに隠れています・・それはつまり、「執着」にあります。
 諸行無常なる中、己の身体のみならず、あらゆる全てのモノ・現象がシャボン玉と同じだと理解でき、別に己の身体が崩れて壊れて死に近づいても、あらゆる全てのモノ・現象におけることも、当然に単なる生滅変化の繰り返しであると悟れば、シャボン玉と同じように「ほしい」と渇愛することもなく、しがみつこうと「執着」することもなくなり、そうすると嘆き、悲しみ、苦しむこともなくなるというわけであります ・・抜粋ここまで。
 この話をもう少し進めていくと、まずは諸行無常の理解が第一で、全てが泡沫(ほうまつ・うたかた・シャボン玉)であるということを悟れば、次に「ほしい」という「渇愛」が生じないようになります。そうすれば、「もっとほしい」という「執着」も生じないわけで、何も得ることができない苦しみ(求不得苦)が無くなるということであります。
 「何もしがみつけるものはない、何も所有できるものはない、何もこだわれるものはない、何も囚われるものはない、何も価値あるものはない」という無執着・無所有・無価値をしっかりと理解すれば、特に煩悩の三毒である貪・瞋・痴も無くなり、不貪(貪らない)・ 不瞋(怒らない)・不痴(愚かさが無くなる)となり苦しみの原因が更に減っていきます。
 執着・価値・所有という考えは、実は諸行無常なるこの世においては成り立たない概念で、真理でない単なる私たちの妄想でしかないのであります。価値についてもう少し詳しく述べると、「特別」とも言い換えることができます。私の特別の人・家族・生命・物・財産・地位・名誉、または地球・宇宙、過去・現在・未来・・などなど。更にはこの「特別」も含めて、己・人間の主観的な優劣・正誤・善悪もこの場合における「価値」判断と言えるでしょう。「価値」・「特別」はもともとから無いのに、無いものをあるのだと無理矢理に考えてしまうので、苦しみが生じるわけであります。
 まずは、この世における、無執着・無所有・無価値の三つだけでも理解できれば、当然に不貪・不瞋・不痴となり、しかるべくに少欲知足にもなり、世の争い事・犯罪・戦争、無意味な殺生、資源の無駄遣い・貪り、環境破壊なども無くなり、欲界も多少は安楽になるわけであります。もちろん最終的には、苦しみの生じる原因となる渇愛・執着・所有・価値という妄想の集まりである煩悩を完全に滅して、再び迷いの生存に戻ってこないように、輪廻転生の苦しみから解脱できるようにと涅槃へ向けて頑張って精進していかなければなりません。
 今の己の身体が滅んでも、人類・生命が絶滅しても、地球・太陽が爆発して宇宙の塵となっても、この宇宙がやがて滅しても、繰り返す輪廻転生の原因・素因となる煩悩を完全に滅さない限りは、次の身体、人類、生命、地球、太陽、宇宙、欲界(六道、天・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄)、色界(物質的世界)のみならず、無色界(欲界・色界を超越した精神的世界)にさえも輪廻転生して苦しみ続けることとなり、その劫(ごう)たるや、億千万の劫に亘る場合もあります。
 四法印という真理を理解しないままに、いつまでも無明の闇の中を彷徨い続けて、欲望・妄想・煩悩・悪感情・本能・遺伝子に支配され続けていたのでは、到底、輪廻転生の苦しみから解脱することはできません。
 滅してもまたも苦しみの中に生が起こる原因・素因である煩悩を根本から完全に断たない限りは、この生滅変化を繰り返す諸行無常なる一切皆苦からは全く逃れることはできないのであります。

   「諸行の無常なることを悟って、寂滅を以て楽となす」

※劫とは、仏教で極めて長い時間を表す用語。一劫・・一説では、一辺40里(約160km)の岩に3年に1度(100年に1度という説もある)、天女が舞い降りてきて、その羽衣で撫でたその岩がすり切れてなくなってしまうまでの時間。

 川口 英俊 合掌 平成19年9月8日

参照

「諸行の無常なることを悟って、寂滅を以て楽となす」
http://hidetoshi.blog105.fc2.com/blog-entry-84.html

「苦しみの素因」
http://blog.zaq.ne.jp/hidetoshi/article/30/

スポンサーサイト

PageTop

仏教雑談

「諸行の無常なることを悟って、寂滅を以て楽となす」

ほぼ三ヶ月間に亘って続けて参りましたダンマパダ・法句経の特選・解釈シリーズも本日で何とか終えることができました。
http://hidetoshi.blog105.fc2.com/blog-category-2.html

仏教の基本は、四法印(諸行無常・諸法無我・一切皆苦・涅槃寂静)、四聖諦(苦諦・集諦・滅諦・道諦)の真理の理解、八正道(正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定)の実践にあります。

悟りへの第一歩は「諸行無常」の理解から始まります。このことをもっと簡単に述べると、「全てが泡沫(ほうまつ・うたかた・(シャボン玉))ということを悟る」ことであり、そして「ほしい」という「渇愛」が無くなり、更に「何もしがみつけるものはない、何も所有できるものはない、何もこだわれるものもない、何も囚われるものもない」という無執着・無所有(・無価値)を理解すれば、特に煩悩の三毒である貪・瞋・痴が無くなり、不貪(貪らなくなる)・不瞋(怒らなくなる)・不痴(愚かさが無くなる)となります。

私たちの苦しみの原因は、「渇愛」・「執着」にあります。「己の身体から宇宙までも、全て所詮はシャボン玉に過ぎないのだ」と理解して、あらゆる全てについての「渇愛」・「執着」を無くすことが、苦しみからの解脱への道であります。

「諸行の無常なることを悟って、寂滅を以て楽となす」

ダンマパダ・法句経、特選・解釈シリーズ完結に記す
平成19年9月7日 川口英俊 合掌 九拝

関連考察

苦しみの素因・仏教雑談
http://blog.zaq.ne.jp/hidetoshi/article/30/
平成19年8月22日

「涅槃寂静」について
http://oujyouin.com/tayori1909.html
往生院だよりコラム 平成19年9月 彼岸号より

PageTop

ダンマパダ・第26章・415-423・最終

ダンマパダ・法句経・第26章・415-423・最終

第26章 バラモン

415 この世の欲望を断ち切り、出家して遍歴し、欲望の生活の尽きた人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

416 この世の愛執を断ち切り、出家して遍歴し、愛執の生存の尽きた人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

417 人間の絆を捨て、天界の絆を越え、すべての絆をはなれた人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

418 <快楽>と<不快>とを捨て、清らかに涼しく、とらわれることなく、全世界にうち勝った英雄、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

419 生きとし生ける者の死生をすべて知り、執著なく、よく行きし人、覚った人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

420 神々も天の伎楽神(ガンダルヴァ)たちも人間もその行方を知り得ない人、煩悩の汚れを滅ぼしつくした真人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

421 前にも、後にも、中間にも、一物をも所有せず、無一物で、何ものをも執著して取りおさえることの無い人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

422 牡牛のように雄々しく、気高く、英雄・大仙人・勝利者・欲望の無い人・沐浴者・覚った人(ブッダ)、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

423 前世の生涯を知り、また天上と地獄とを見、生存を滅ぼしつくすに至って、直観智を完成した聖者、完成すべきことをすべて完成した人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

この世の欲望(煩悩・執着物・束縛物)を断ち切り、(俗世を離れて)出家して遍歴し、欲望(煩悩・執着物・束縛物)の生活の尽きた(終わった)人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

この世の愛執(愛着・執着)を断ち切り、(俗世を離れて)出家して遍歴し、愛執(愛着・執着)の生存(輪廻転生)の尽きた(終わった)人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

(欲界の)人間の絆(煩悩・欲楽・執着の対象物)を捨て、(欲界の)天界の絆(快楽・執着の対象物)を越え、全ての絆(執着・束縛)を離れた人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

<快楽(煩悩による一時の欲楽)>と<不快(執着を無くすことにももはや執着しない)>とを捨て、清らかに涼しく、囚われることもなく、全世界にうち勝った英雄(最勝利者・ブッダ・最後の生存となった者・輪廻転生の苦しみから完全に解脱した者)、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

生きとし生ける者の死生(諸行無常)を全て知り(悟り)、執着なく、よく行きし(良く真理を理解した)人、覚った(真理に目覚めたる)人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

(欲界における)神々も天(天界の)の伎楽神(ガンダルヴァ)たちも人間もその行方を知り得ない人(輪廻転生の苦しみから完全に解脱した者)、煩悩の汚れを滅ぼしつくした(煩悩を完全に寂滅した)真人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

前にも、後にも、中間にも(過去・現在・未来)、(どこにも)一物をも所有せず(無所有)、無一物で、何ものをも執着して取りおさえる(囚われる)ことの無い人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

牡牛のように雄々しく、気高く、英雄・大仙人・勝利者・欲望の無い人・沐浴者・覚った人(ブッダ)、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

前世の生涯を知り(己の歩んで来た輪廻転生を知り)、また天上と地獄とを見(輪廻転生の苦しみを悟って)、生存を滅ぼしつくすに至って(煩悩を寂滅し)、直観智(四法印(諸行無常・諸法無我・一切皆苦・涅槃寂静)・四聖諦(苦諦・集諦・滅諦・道諦)の悟り)を完成した聖者、完成すべきことを全て完成した人(涅槃寂静に至った者)、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

合掌 九拝

PageTop

ダンマパダ・法句経・第26章・411-414

ダンマパダ・法句経・第26章・411-414

第26章 バラモン

411 こだわりあることなく、さとりおわって、疑惑なく、不死の底に達した人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

412 この世の禍福いずれにも執著することなく、憂いなく、汚れなく、清らかな人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

413 曇りのない月のように、清く、澄み、濁りがなく、歓楽の生活の尽きた人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

414 この障害・険道・輪廻(さまよい)・迷妄を超えて、渡りおわって彼岸に達し、瞑想し、興奮することなく、疑惑なく、執著することなくて、心安らかな人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

(執着なく、囚われなく、)こだわりあることもなく、悟りを開き終わって、もはや何らの疑惑もなく(真理に至り)、不死の底(輪廻転生の苦しみからの解脱、涅槃の域)に達した人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

もはやこの世における(いかなる)禍福のいずれにも執着することなく、憂いなく(苦しみから解脱し)、汚れなく、清らかな人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

曇りのない月のように、清く、澄み、濁りがなく、(俗世における)歓楽(煩悩)の生活の尽きた(無い)人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

(この世における)(解脱の)障害・険道(迷い・煩悩)・輪廻(輪廻転生の苦しみ)・迷妄を超えて、(この此岸を)渡りおわって彼岸(悟りの世界・涅槃の域)に達し、瞑想し、興奮することなく、疑惑なく、執着することなくて、心安らかな人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

PageTop

ダンマパダ・法句経・第26章・407-410

ダンマパダ・法句経・第26章・407-410

第26章 バラモン

407 芥子粒が錐の尖端から落ちたように、愛著と憎悪と高ぶりと隠し立てとが脱落した人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

408 粗野ならず、ことがらをはっきりと伝える真実のことばを発し、ことばによって何人の感情をも害することのない人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

409 この世において、長かろうと短かろうと、微細であろうと粗大であろうとも、浄かろうとも不浄であろうとも、すべて与えられていない物を取らない人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

410 現世を望まず、来世をも望まず、欲求がなくて、とらわれの無い人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

芥子粒が錐(きり)の尖端(せんたん)から落ちたように(粘着してとどまることがない、執着がないことの喩え)、愛著(愛執)と憎悪と高ぶり(高慢)と隠し立て(自らの過ちを隠すこと)とが脱落(無い)した人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

粗野(いい加減)ならず、(嘘が無く)ことがらをはっきりと伝える真実の言葉を発し、言葉によってどのような人の感情をも害することのない人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

この世において、長かろうと短かろうと、微細であろうと粗大であろうとも、浄かろうとも不浄であろうとも、全てにおいて与えられていない物を取らない(欲さない、盗まない)人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

現世を望まず、来世をも望まず(この世も、次の世も望まずに、輪廻転生の苦しみの素因から離れて)に、欲求(渇愛)が無くて、とらわれ(執着)の無い人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

PageTop

ダンマパダ・法句経・第26章・403-406

ダンマパダ・法句経・第26章・403-406

第26章 バラモン

403 明らかな知慧が深くて、聡明で、種々の道に通達し、最後の目的を達した人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

404 在家者・出家者のいずれとも交らず、住家がなくて遍歴し、欲の少ない人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

405 強くあるいは弱い生きものに対して暴力を加えることなく、殺さずまた殺させることのない人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

406 敵意ある者どもの間にあって敵意なく、暴力を用いる者どもの間にあって心おだやかに、執著する者どもの間にあって執著しない人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

仏法の四法印(諸行無常・諸法無我・一切皆苦・涅槃寂静)の学びが深く、明らかなる知慧があり、賢く聡明で、諸々の道(涅槃へと至る道)に通達し、最後の目的(阿羅漢果・完全なる悟り)に達した人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

在家者(世俗の者・無明の闇を彷徨っている者)のみならずにもはや出家者(仏道を歩む者)とも交らず(ひとり静かに坐し、臥し)、住家(一箇所に留まるような家・執着物・束縛物)がなく(無所有・無執着)、遍歴し、(足るべきをわきまえて)欲の少ない人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

強くあるいは弱い(どのような)生きものに対しても暴力を加えることなく、殺さずまた殺させることのない人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。不殺生。

(私に対して)敵意(怒り)ある者どもの間にあっても、(その者たちに対して)敵意(怒り)なく、(私に対して)暴力を用いる者どもの間にあっても、心穏やかに暴力も無く、(無明なる中において、執着物・束縛物について)執着する者たちの間にあっても、執着しない人(無執着・無価値・無所有な者)、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

PageTop

ダンマパダ・法句経・第26章・400-402

ダンマパダ・法句経・第26章・400-402

第26章 バラモン

400 怒ることなく、つつしみあり、戒律を奉じ、欲を増すことなく、身をととのえ、最後の身体に達した人、---かれをわれは<バラモン>とよぶ。

401 蓮葉(はちすば)の上の露のように、錐の尖の芥子のように、緒の欲情に汚されない人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

402 すでにこの世において自分の苦しみの滅びたことを知り、重荷をおろし、とらわれの無い人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

怒ることなく、慎みもあり、戒律を守って、欲を増すこともなく、身を調えて、最後の身体に達した(再び迷いの生存に戻ってこない、輪廻転生の苦しみから完全に解脱した)人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

蓮葉(はちすば)の上の露のように(蓮の葉が水、泥水をはじいて汚れないように)、錐(きり)の尖(せん・さき)の芥子(けし)粒(粘着してとどまることがない、執着がないことの喩え)のように、諸々の欲情(煩悩・執着)に汚されない人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

既にこの世において自分の苦しみ(輪廻転生の苦しみ)の(煩悩・執着が)滅びたことを知り、重荷(迷いの素因)をおろし、とらわれの無い人、彼を私は<バラモン>と呼ぶ。

PageTop

ダンマパダ・法句経・第26章・396-398

ダンマパダ・法句経・第26章・396-398

第26章 バラモン

396 われは、(バラモン女の)胎から生れ(バラモンの)母から生れた人をバラモンと呼ぶのではない。かれは「<きみよ>といって呼びかける者」といわれる。かれは何か所有物の思いにとらわれている。無一物であって執著のない人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

397 すべての束縛を断ち切り、怖れることなく、執著を超越して、とらわれることの無い人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

398 紐と革帯と網とを、手網ともども断ち切り、門をとざす閂(かんぬき)を滅ぼして、めざめた人、---かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

私は、バラモンの女の方、バラモンの母から生れた人をバラモンと呼ぶのではない。その人は「<きみよ>といって私に呼びかける者」と言われている。その人は何か所有物(執着・価値・所有)の思いに囚われてしまっている。無一物(無所有)であって執着の無い人を私は「バラモン」と呼ぶ。

全ての束縛(執着)を断ち切り、(何ものをも)怖れることなく、執着を超越して、とらわれることの無い人、その人を私は「バラモン」と呼ぶ。

紐と革帯と網(執着物・束縛物)とを、手網(素から)ともども(完全に)断ち切り、門をとざす閂(かんぬき)(執着・束縛)を滅ぼして、目覚めた人(ブッダ)、彼を私は「バラモン」と呼ぶ。

PageTop

ダンマパダ・法句経・第26章・383-385

ダンマパダ・法句経・第26章・383-386

第26章 バラモン

383 バラモンよ。流れを断て。勇敢であれ。諸の欲望を去れ。諸の現象の消滅を知って、作られざるもの(=ニルヴァーナ)を知る者であれ。

384 バラモンが二つのことがら(=止と観)について彼岸に達した(=完全になった)ならば、かれはよく知る人であるので、かれの束縛はすべて消え失せるであろう。

385 彼岸もなく、此岸もなく、彼岸・此岸なるものもなく、怖れもなく、束縛もない人、---かれをわれはバラモンと呼ぶ。

386 静かに思い、塵垢(ちりけがれ)なく、おちついて、為すべきことをなしとげ、煩悩を去り、最高の目的を達した人、---かれをわれはバラモンと呼ぶ。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

バラモン(真理に目覚めたる、ブッダ)たちよ、流れ(煩悩・執着)を断て。勇敢(克己)であれ。諸々の欲望を去れ(無くせ)。諸々の現象の消滅(諸行無常なる理)を知って、作られざるもの(=ニルヴァーナ、涅槃)を知る(悟る)者であれ。

バラモン(真理に目覚めたる、ブッダ)が二つのことがら(=止と観、禅定)について彼岸(涅槃の域)に達した(=完全になった)ならば、かれはよく知る(悟る)人であるので、かれの束縛(煩悩・執着)は全て消え失せるであろう。

彼岸(未来との意味が有力、本意は涅槃・悟りの域)もなく、此岸(現在・現世との意味が有力、本意は煩悩・迷いの域)もなく、彼岸・此岸(未来・現在、輪廻転生の意)なるものもなく、怖れもなく、束縛(執着)もない人、かれをわれはバラモン(真理に目覚めたる、ブッダ)と呼ぶ。(完全なる無執着の極限、煩悩を無くす、執着しないということにも執着しない、煩悩即菩提、色即是空・空即是色)。(彼岸、六処、眼耳鼻舌身、此岸、六処、色声香味触法)。

静かに思い(禅定)、塵垢(汚れ)なく、落ち着いて、なすべきことをなしとげ、煩悩を去り、最高の目的(完全な悟り・阿羅漢・涅槃)に達した人、かれをわれはバラモン(真理に目覚めたる、ブッダ)と呼ぶ。

PageTop