川口英俊の晴耕雨読ブログ

感興のことば・第30章・51・52

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第30章・51・52

第30章 楽しみ

51 村において、林において、快感や苦痛に触れられた人は、それを自分のせいにしてもならぬし、他人のせいにしてもならぬ。迷いの条件に依存して、触れられる事物が触れるのである。迷いの条件の無い人に、触れられる事物の触れることがどうしてあろうか?

52 立派な人々は、いかなるところにあっても、快楽のゆえにしゃべることが無い。楽しいことに遭っても、苦しいことに遭っても、立派な人々は動ずる色がない。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

51 村において、林において、快感や苦痛(快・不快、苦の対象)に触れられた人は、それを自分のせいにしてもならぬし、他人のせいにしてもならぬ(諸法無我、無執着・無束縛・無所有)。迷いの条件(無明、四法印・四聖諦を理解できず愚かなまま)に依存して、触れられる事物(対象)が触れ(て渇愛・執着、所有・束縛が生まれ)るのである。迷いの条件(渇愛・執着、所有・束縛)の無い人に、触れられる事物(対象)の触れることがどうしてあろうか(苦しみから解脱している)?

52 (真理を悟った)立派な人々は、いかなるところにあっても、快楽のゆえにしゃべることが無い。楽しいことに遭っても、苦しいことに遭っても(無執着・無束縛・無所有で苦・楽を超えていて)、立派な人々は動ずる色がない。

スポンサーサイト

PageTop

感興のことば・第30章・48・50

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第30章・48・50

第30章 楽しみ

48 他人を悩ます人々のあいだにあって、われらは人を悩ますことなく、いとも楽しく生きて行こう。他人を悩ます人々のあいだにあって、われらは人を悩まさないで暮そう。

50 われらは何物ももっていない。いとも楽しく生きていこう。身体を自分と見なす(見解に)とらわれることなく、喜びを食む者となろう。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

48 (煩悩に蝕まれて)他人を悩ます人々のあいだにあって、われらは(煩悩を無くして)人を悩ますことなく、いとも楽しく生きて行こう。(煩悩に蝕まれて)他人を悩ます人々のあいだにあって、われらは(煩悩を無くして)人を悩まさないで暮そう。

50 われらは何物ももっていない(本来無一物、無執着・無所有・無束縛・無価値)。いとも楽しく生きていこう(苦・迷いを超えて安楽に生きていこう)。身体を自分と見なす(見解に)(諸法無我をしっかりと悟って、何物にも)とらわれることなく(本来無一物、無執着・無所有・無束縛・無価値)、喜び(安楽な涅槃)を食む者となろう。

PageTop

感興のことば・第30章・45・46

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第30章・45・46

第30章 楽しみ

45 悩める人々のあいだにあって、われらは悩み無く、いとも楽しく生きて行こう。悩める人々のあいだにあって、われらは悩み無く暮そう。

46 他人を傷つける人々のあいだにあって、われらは人を傷つけることなく、いとも楽しく生きて行こう。他人を傷つける人々のあいだにあって、われらはひとを傷つけること無く暮そう。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

45 (煩悩を抱えて)悩める人々のあいだにあって、われらは(煩悩を無くして)悩み無く、いとも楽しく(安楽に)生きて行こう。(煩悩を抱えて)悩める人々のあいだにあって、われらは(煩悩を無くして)悩み無く暮そう。

46 (煩悩に蝕まれて)他人を傷つける人々のあいだにあって、われらは(煩悩を無くして)人を傷つけることなく、いとも楽しく生きて行こう。(煩悩に蝕まれて)他人を傷つける人々のあいだにあって、われらは(煩悩を無くして)ひとを傷つけること無く暮そう。

PageTop

感興のことば・第30章・43・44

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第30章・43・44

第30章 楽しみ

43 貪る人々のあいだにあって、われらは貪らないでいとも楽しく生きて行こう。貪っている人々のあいだにあって、われらは貪らないで暮そう。

44 われらは何物ももっていない。いとも楽しく生きて行こう。ミティラー市が焼けているときにも、(ここでは)何も焼けないのである。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

43 (少欲知足せずに愚かにも煩悩を抱えて)貪る人々のあいだにあって、われらは貪らないで(煩悩を無くして)いとも楽しく生きて行こう(苦・迷い無く生きていこう)。(煩悩を抱えて)貪っている人々のあいだにあって、われらは貪らないで(煩悩を無くして)暮そう。

44 われらは何物ももっていない(本来無一物、無執着・無所有・無束縛・無価値)。いとも楽しく生きて行こう(苦・迷いを超えて安楽に生きていこう)。ミティラー市(俗世が煩悩に蝕まれて)が焼けている(苦しんでいる)ときにも、(ここでは)(煩悩を滅して暮す私たちは)何も焼けない(迷い・苦しまない)のである。

PageTop

感興のことば・第30章・41・42

感興のことば・ウダーナヴァルガ・第30章・41・42

第30章 楽しみ

41 何物ももっていない人々は楽しんでいる。何物ももっていない人々は智慧の徳をもっているからである。見よ! 人々は人々に対してかたちが縛られ、何物かをもっているために(かえって)悩んでいるのを。

42 他人に従属することはすべて苦しみである。自分が思うままになし得る主であることはすべて楽しみである。他人と共通のものがあれば、悩まされる。束縛は超え難いものだからである。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

41 何物ももっていない(本来無一物を知り、無執着・無所有の)人々は楽しんでいる。何物ももっていない(本来無一物を知り、無執着・無所有の)人々は智慧の徳をもっているからである。見よ! 人々は人々に対してかたちが縛られ(執着・妄執・愛執・我執に縛られ)、何物かをもっているため(執着・妄執・愛執・我執、束縛)に(かえって)悩んでいるのを。

42 他人に従属すること(執着・妄執・愛執・我執、束縛・所有)はすべて苦しみである。自分が思うままになし得る主であること(克己)はすべて楽しみである。他人と共通(執着・妄執・愛執・我執、束縛・所有)にのものがあれば、(苦しみ)悩まされる。束縛は(なかなかにも)超え難いものだからである。

PageTop