川口英俊の晴耕雨読ブログ

「あらゆる全てはシャボン玉」

「あらゆる全てはシャボン玉」
往生院だよりコラム・平成19年11月号より
http://oujyouin.com/tayori1911.html

 仏教の基本は、四法印(諸行無常・諸法無我・一切皆苦・涅槃寂静)、四聖諦(苦諦・集諦・滅諦・道諦)の真理の理解、八正道(正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定)の実践にあります。今回は、「一切皆苦」における「苦しみの原因・素因」について改めて考えて参りたいと存じます。
 まずは、平成19年度お盆施餓鬼法要・法話の一説からの抜粋となります。
 皆さんに「シャボン玉はほしいと思いますか?」と聞いても、普通、誰も「そんなもの別にほしくは無い」と答える、というよりも、「ほしいと思ってもすぐに持てなくなるものがシャボン玉じゃないか、そんなものは最初からいらない」と答える。
 そう、シャボン玉は、あっという間に壊れ、崩れ去る泡沫、すぐに形が無くなるもの、一瞬しか形がもたないものと、みんなちゃんと理解している。であるから、もちろん壊れても形が消えても無くなっても別に悲しくも苦しくも何とも思わない。当然ながら貪(むさぼ)りも怒りも生じない。
 しかし、一方で、己の身体はどうであろうか・・みんないつまでもほしくてたまらない・・少しでも身体が変化して老いゆき、病気となって壊れゆくと、死が近づくと、嘆き、悲しみ、苦しんでしまう・・もっとほしいと貪ろうとし、貪れないと怒りが増大してゆく・・
 所詮はシャボン玉も身体も、諸行無常なる中においては、泡沫で脆く崩れ消え去って滅してゆくものに変わりは無い、ではどうして一方では苦しみが全く生じないのに、一方では耐え難い苦しみが生じてしまうのか・・
 苦しみの原因がそこに隠れています・・それはつまり、「執着」にあります。
 諸行無常なる中、己の身体のみならず、あらゆる全てのモノ・現象がシャボン玉と同じだと理解でき、別に己の身体が崩れて壊れて死に近づいても、あらゆる全てのモノ・現象におけることも、当然に単なる生滅変化の繰り返しであると悟れば、シャボン玉と同じように「ほしい」と渇愛することもなく、しがみつこうと「執着」することもなくなり、そうすると嘆き、悲しみ、苦しむこともなくなるというわけであります ・・抜粋ここまで。
 この話をもう少し進めていくと、まずは諸行無常の理解が第一で、全てが泡沫(ほうまつ・うたかた・シャボン玉)であるということを悟れば、次に「ほしい」という「渇愛」が生じないようになります。そうすれば、「もっとほしい」という「執着」も生じないわけで、何も得ることができない苦しみ(求不得苦)が無くなるということであります。
 「何もしがみつけるものはない、何も所有できるものはない、何もこだわれるものはない、何も囚われるものはない、何も価値あるものはない」という無執着・無所有・無価値をしっかりと理解すれば、特に煩悩の三毒である貪・瞋・痴も無くなり、不貪(貪らない)・ 不瞋(怒らない)・不痴(愚かさが無くなる)となり苦しみの原因が更に減っていきます。
 執着・価値・所有という考えは、実は諸行無常なるこの世においては成り立たない概念で、真理でない単なる私たちの妄想でしかないのであります。価値についてもう少し詳しく述べると、「特別」とも言い換えることができます。私の特別の人・家族・生命・物・財産・地位・名誉、または地球・宇宙、過去・現在・未来・・などなど。更にはこの「特別」も含めて、己・人間の主観的な優劣・正誤・善悪もこの場合における「価値」判断と言えるでしょう。「価値」・「特別」はもともとから無いのに、無いものをあるのだと無理矢理に考えてしまうので、苦しみが生じるわけであります。
 まずは、この世における、無執着・無所有・無価値の三つだけでも理解できれば、当然に不貪・不瞋・不痴となり、しかるべくに少欲知足にもなり、世の争い事・犯罪・戦争、無意味な殺生、資源の無駄遣い・貪り、環境破壊なども無くなり、欲界も多少は安楽になるわけであります。もちろん最終的には、苦しみの生じる原因となる渇愛・執着・所有・価値という妄想の集まりである煩悩を完全に滅して、再び迷いの生存に戻ってこないように、輪廻転生の苦しみから解脱できるようにと涅槃へ向けて頑張って精進していかなければなりません。
 今の己の身体が滅んでも、人類・生命が絶滅しても、地球・太陽が爆発して宇宙の塵となっても、この宇宙がやがて滅しても、繰り返す輪廻転生の原因・素因となる煩悩を完全に滅さない限りは、次の身体、人類、生命、地球、太陽、宇宙、欲界(六道、天・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄)、色界(物質的世界)のみならず、無色界(欲界・色界を超越した精神的世界)にさえも輪廻転生して苦しみ続けることとなり、その劫(ごう)たるや、億千万の劫に亘る場合もあります。
 四法印という真理を理解しないままに、いつまでも無明の闇の中を彷徨い続けて、欲望・妄想・煩悩・悪感情・本能・遺伝子に支配され続けていたのでは、到底、輪廻転生の苦しみから解脱することはできません。
 滅してもまたも苦しみの中に生が起こる原因・素因である煩悩を根本から完全に断たない限りは、この生滅変化を繰り返す諸行無常なる一切皆苦からは全く逃れることはできないのであります。

   「諸行の無常なることを悟って、寂滅を以て楽となす」

※劫とは、仏教で極めて長い時間を表す用語。一劫・・一説では、一辺40里(約160km)の岩に3年に1度(100年に1度という説もある)、天女が舞い降りてきて、その羽衣で撫でたその岩がすり切れてなくなってしまうまでの時間。

 川口 英俊 合掌 平成19年9月8日

参照

「諸行の無常なることを悟って、寂滅を以て楽となす」
http://hidetoshi.blog105.fc2.com/blog-entry-84.html

「苦しみの素因」
http://blog.zaq.ne.jp/hidetoshi/article/30/

スポンサーサイト

PageTop

「涅槃寂静」について

「涅槃寂静」について・往生院だより・9月お彼岸号コラム
http://oujyouin.com/tayori1909.html

 今回は、仏教における四法印の一つである「涅槃寂静」(ねはんじゃくじょう)について考えて参りたいと存じます。
 涅槃寂静とは、簡単に述べますと「苦しみから解脱した静かで安楽なる悟りの境地」のことですが、苦しみの原因である煩悩・執着が完全に滅されて、再び三界(欲界・色界・無色界)の中に輪廻転生しなくなったことを意味します。
 この涅槃寂静に至るために、つまり、煩悩・執着を滅するために真なる理解が必要となるのが、何回かこの往生院だよりのコラムにおいても取り上げて、考えて参りました「諸行無常」・「諸法無我」という真理であります。
 しかし、「煩悩・執着を無くせ、滅せよ」と何度も述べてみたところで、やはり抽象論過ぎて、なかなかピンとこない部分があると考えます。そこで、今回は一歩踏み込んで具体論を扱ってみようと思います。但し、もしかすると、やや読みながら少し不快に思われるかもしれませんが、その点まずはご了承の程を賜りますればと存じます。
 まず、世俗における幸せごと、楽しみごと、歓びごとの具体例として、「結婚をする」、「子どもをもうける」、「出世する」、「友達・仲間を作る」、「財産を殖やす」など、たくさんありますが、現実において、では本当にそれらのことによって「幸せになった」といえるものなのかどうかについてであります。
 残念ながら、仏教においては、上記のことで本当に「幸せになる」ということはほとんどあり得ず、逆に「苦しみとなる・不幸になる」ことの方がはるかに多いとして危惧し、注意・警戒しなければならないとしています。なぜならば、上記のことで確かに一瞬・一時の快楽・幸せ・満足感・充実感があったとしても、あくまでもほとんどの場合が、一過性で、麻薬のようなものであり、結局は「執着、愛執、得た・有したという妄執」を抱えてしまうことによって、迷い・苦しみ・不満・不安が増える結果となってしまうからであります。また、世俗における争い事、様々な犯罪の原因もほとんどが上記のことに依拠しています。つまり世間においては、執着・煩悩の種となる原因を自ら喜んで作ってしまって苦しんでいるという皮肉なことが言えるわけであります。
 しかし、今さらながらにも「結婚をする」、「子どもをもうける」、「出世する」、「友達・仲間を作る」、「財産を殖やす」など、これらのことが悪い、ダメ、 やってはいけないということではありませんし、もちろん、そんなことを世俗において言ってしまったら嫌悪感を持たれて、何を言っているのだと逆に激 しく抵抗されてしまうだけのことであります。
 では、一体、何を一番に伝えたいのかというと、つまり、所詮は諸行無常・諸法無我の中、本来無一物であり、己の身体でさえも既に刻々と己のもの(所有)では無くなりつつあるのに、ましてや、「私には妻、子ども、仲間、地位、名誉、財産がある」と言っても現実は何も自分のもの(所有)になっているわけではなく、また、当然にそれらにしがみつけないし、囚われてもいけないし、こだわれないし、変わっていくものであり、何も頼りにもならず、思い通りにもならず、期待もできないということをちゃんと理解して、「執着、愛執、得た・有したという妄執」を無くしなさい、離しなさい、ということであります。そうすれば、無理に執着してしがみついて離さないように抵抗したりせずに、苦しまずに済むのであります。
 無理に執着して貪り・怒りを増幅させてしまっていけば、やがては、争い事・犯罪に巻き込まれてしまって、挙句の果てには殺人(または自殺)などの罪を犯 してしまう、更には殺されてしまうという災いにまで及び、身を滅ぼす結果となってしまうことも世間においては多々見受けられることであります。
 ですから、この世においては何も与えられてもいないものは欲さずに、例え欲を出して何かをするにしても、あるいはしてしまったとしても「執着」はしないということが第一で、貪らず、怒りも抱えず、迷惑もできる限り掛けず、「少欲知足」において過ごすことが大切になると考える次第でございます。
 但し、ここで勘違いしてはいけないことに、執着を無くすことと、自分の責任・義務を放棄することは当然に違います。例えば、執着を無くすのだと、幼い子どもを捨てたり、ほったらかしにするのは当然に悪行為で罪となります。子どもに対して親としての保護責任・監督責任は果たす必要があります。このような場合には、一人前の立派な社会人にまでしっかりと育てて、それから子どもに対しての執着を無くすようにすれば良いのであります。
 とにかく、諸行無常・諸法無我の理解を深め、執着・煩悩の種となるものをできる限りに抱えない、作らないようにして過ごしていくことが仏教的な賢い生き方というわけであります。そして、最終的には、「執着を無くすのだということにも執着をしない」というところにまで至って、再び迷いの生存に戻ってこないように、再び三界(欲界・色界・無色界)の苦しみの中に戻ってこないようにと、日々勤め励んで精進し、涅槃寂静へと向かうことが仏教の目標であると考えております。

 川口 英俊 合掌

これまでのコラムバックナンバー
http://oujyouin.com/tayori.htm

PageTop