川口英俊の晴耕雨読ブログ

「中道のアプローチ」

チベット仏教僧による大規模暴動がラサにて発生しました・・悲しいことに死者が多数に及んでいるとの情報もあり、誠に沈痛であり、遺憾に思います・・亡くなられました方のご冥福を心から御供養申し上げます・・犠牲者がこれ以上出ないことを祈るばかりであります・・チベット自治区に対しての中国側の対応、人権問題は誠に憂慮すべき事態となっています・・ダライ・ラマ14世が提唱している「中道のアプローチ」、平和的仏教中道の対話が前進して、双方の犠牲がこれ以上出ない安定的な解決へ向かうことを願う次第であります・・

平成20年3月15日 川口 英俊 合掌

空・仮・中の三諦・・

無我、無自性、無相、空、空性、虚空、無自性空、縁起空・・仮有、仮名(けみょう)、仮設、虚妄(こもう)、虚仮、錯覚、幻(まぼろし)、幻覚、幻想、幻影、陽炎、逃げ水、蜃気楼、夢・・非有非無、八不(不生・不滅・不常・不断・不一・不異・不来・不去)、無記、無分別、而二不二、平等、真如、一如、諸法実相。

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

スポンサーサイト

PageTop

ダンマパダ・法句経・第六章・八十三

ダンマパダ・法句経・第六章・八十三

第六章 賢い人

八十三 高尚な人々は、どこにいても、執著することが無い。快楽を欲してしゃべることが無い。楽しいことに遭っても、苦しいことに遭っても、賢者は動ずる色がない。

岩波文庫「ブッダの真理のことば 感興のことば」中村元訳より

英俊・解釈コメント

どこでもいついかなる時においても、何にも執着していない者は、快楽を求めてしゃべることも無く、どんなに楽しいことや苦しいことに遭っても、何ら心が乱されることがなく、当然に執着も生じないのである。

PageTop

無常偈

昨日に涅槃経・第十三・雪山童子のジャータカ物語を取り上げさせて頂きました。

諸行無常
是生滅法
生滅滅巳
寂滅為楽

「諸行は無常にして、是れ生滅の法なり。生滅滅し已(おわ)って、寂滅を楽と為す」

仏教において、この「無常偈」は誠に大切な真理であります。

今の私なりに解釈すると、

「この世における全ては、移ろい変わり行く中にあるという無常であり、これは、生じては滅するという理であります。生滅(の原因となる煩悩・執着)を完全に滅し、生滅を超越し終ってこそ、静かなる安らぎ(涅槃)を得て、(輪廻転生における一切の苦から解脱し)楽と為るのである。」であります。

解釈の一つとして、日本における「いろは歌」がこの内容について表されていると考えられています。

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

PageTop

涅槃経・第十三・雪山童子

貪・瞋・痴を滅するという目的のために、諸行無常・諸法無我を理解しようと努力するのも誠に大切なことですが、そうではなくて、諸行無常・諸法無我を真に理解さえできれば、当たり前のように貪・瞋・痴は滅されるものになるのではないかと考えます。

つまり、まだ貪・瞋・痴のいずれかが出るようであれば、諸行無常・諸法無我の理解が十分ではないということであります。

また、諸行無常を真に理解したならば、即座に諸法無我の理解にも及ぶものでもあります。

仏教において、輪廻転生の苦より解脱し、涅槃へと至るためにも「諸行無常」の理解はまずもって第一であり重要であると考えます。

諸行無常
是生滅法
生滅滅巳
寂滅為楽

涅槃経・第十三・雪山童子・参照
http://bouzu893.hp.infoseek.co.jp/setsuwa/setsuwa001.html

 昔、雪山(ヒマラヤ)にひとりの苦行外道がいた。彼は雪山童子と呼ばれた求道者で、衆生利益のために、自分を犠牲にして顧みず、種々の苦行を修めていた。

 しかし、帝釈天(たいしゃくてん)は、そんな雪山童子の法を求める態度に疑いを持っていた。悟りを開こうとする者は多いが、ほとんどの求道者は、わずかな困難に出会うと、たちどころに退転してしまう。それは、ちょうど、水に映った月が、水の動くままに揺らぐようである。多くの者は、鎧や杖で身を固め、物々しいいでたちで、賊の討伐に向かうけれど、いよいよ敵陣に臨むと、恐怖に駆られて退却する。同様に、悟りを開こうと固い決意をした人も、生死の魔軍に出会えば、求道の心を失う。雪山童子の苦行は本物なのだろうか。

 車に車輪がふたつあれば、運搬の用に立つ。鳥に双翼があれば、空を飛べる。同様に、修行者も、戒を保つだけでなく、正真の智慧がなければ、悟りに到ることはない。はたして、雪山童子が、修行を完成できるだけの人物であるかどうか、試してみよう。

 そう思った帝釈天は、見るも恐ろしい羅刹(らせつ=鬼)に姿を変えると、天上から雪山へ下ってきた。そして、雪山童子の間近までやって来て、立ち止まると、過去世の仏が説いた偈文(げもん=詩句)の半分を、声高らかに唱えた。

諸行無常 (しょぎょうはむじょうなり)
是生滅法 (これしょうめつのほうなり)

 羅刹は、偈文の半分を唱え終わると、四方を見回した。これを聞いた雪山童子は、大いに喜んだ。それは、まるで、深山で伴とはぐれた旅人が、恐怖とともに闇夜を彷徨ったあげくに、再び伴と出会ったような思いだった。喉の渇いた人が、冷水に出会ったようでもあり、長く病床にある人が、名医に逢ったようでもあり、海に溺れた人が、船に出会ったようでもあった。雪山童子は、辺りを見渡したが、恐ろしい羅刹以外は、誰もいなかった。

 よもやとは思ったが、童子は、羅刹に訊ねた。
「大士よ、あなたはどこで、過去の仏の説いた偈文を聞いたのでしょう。その偈文は、過去現在未来の三世に渡る仏の教え、真実の道です。世間の人間でさえ、ほとんど、知ることのない教えです。本当に、どこで、その偈文を聞いたのですか。」
「出家者よ、そんなことを聞いても無駄だ。私は、もう、幾日も食べ物が手に入らないので、飢えと乾きで心が乱れて、でたらめを言ったのだ。」
「大士よ、もし、残りの偈文を説いてくれるならば、私は、終生、あなたの弟子になります。先ほどの偈文だけでは、字句も不完全だし、義も尽きてはいません。どうか、残りの偈文を教えてください。」
「出家者よ、私は、飢え、疲れているから、説くことができないのだ。」
「大士よ、あなたは何を食べるのですか。」
「私の食べ物は、人肉だ。飲み物は、人の生き血だ。」
「大士よ、話は分かりました。残りの偈文を聞くことができたら、私は、この肉体をあなたに差し上げましょう。たとえ天寿を全うしても、どうせ、私の死体は、獣か鳥に食われるだけです。しかも、食われたからといって、何の報いがあるわけでもありません。それならば、悟りの道を求めるために、この身を捨てる方が良いでしょう。」
「では何か。わずかな偈文のために、肉体を捨てようと言うのか。しかし、そうは言っても、誰も信じないだろう。」
「あなたは無智ですね。瓦の器を捨てて、七宝を得ることができるなら、誰でも喜んで瓦を捨てるでしょう。」
「お前が本当にその身を捨てるというなら、残りの偈文を説いてやろう」。

 雪山童子は、羅刹の言葉を聞いて、身につけていた鹿皮を脱いで、羅刹のために法座を設け、
「大士よ、どうかここにお座り下さい。」
と言うと、合掌してひざまづいて、一心に残りの偈文を求めた。
羅刹は、厳かに残りの偈を説いた。

 生滅滅已 (しょうめつめっしおわりて)
 寂滅為楽 (じゃくめつをらくとなす)

 こう説いてから、羅刹は、約束通り、雪山童子の肉体を求めた。
「出家者よ、お前は、すでに、偈のすべてを聞いた。願いはかなえられたのだから、約束通り、私に肉体を施してくれ。」

 雪山童子は、覚悟の上のことだから、肉体を捨てることに何のためらいもなかった。しかし、このまま死んでしまっては、他の人々のためにはならない。そこで、辺りの石や、壁、道や樹木に、手当たり次第に、この偈文を書き留めてから、死後に身体の露出することを懼れて、衣服を整えると、高い木に登った。そして、羅刹との約束を守って、地上へと身を投げた。

 ところが、雪山童子の身体が、まだ地上に落ちないうちに、羅刹は帝釈天の姿に還り、空中で童子の身体を受けとめると、地上に置いた。
 時に、帝釈天を初め、諸天の人々は足下にひれ伏して、童子にこう言った。

「あなた様は、無量の衆生を利益して、無明の闇の中に、大法の炬(たいまつ)を燃やそうとする以外には、何も求めようとしない。あなた様こそは、真の菩薩です。そんなあなた様を苦しめたのも、ただただ、仏の大法を愛すればこそです。どうか私の懺悔をお聞き届け下さいまして、未来に悟りを得られた暁には、お救い下さいますようお願い致します。」

 半偈のために身を捨てた苦行外道の雪山童子は、後の世の、お釈迦様である。

 また、この物語にちなんで、「諸行無常 是生滅法 生滅滅巳 寂滅為楽」を、雪山偈と呼び慣わしている。

PageTop

無常の中で

以前に紹介させて頂きました根本仏教・日本テーラワーダ仏教協会における学びについては、会員を継続して進めております。

これまで学びの中心は主に月刊誌でしたが、最近は法話DVDも買い揃え始めて、できる限り空いている時間を使って、アルボムッレ・スマナサーラ長老の講義を視聴するようにしています。これまでのバックナンバー全てを終えるには恐らくあと半年あまりは掛かるだろうと思いますが、少しずつ理解のメモ程度でもこのブログに書いていければと考えております。

最近、特に考えているのは、この無常の世における過ごし方であります。

もっとも良いのは、「何にも執着せずに、できる限りに渇愛・煩悩を出さず、全ての生きとし生けるものたちに対しての配慮を忘れず、尚且つ迷惑を掛けないようにする生き方」と考えております。

少し言い換えると、「生きていく上で最低限に必要なこと以外、極力余計なことは何もしないように努めながら(少欲知足)、できる限り何ものにも迷惑を掛けないように過ごすこと」であります。

なかなか難しいことではありますが、とにかく「無執着・少欲知足・無為自然・慈悲の心」が大切でありますね。。

PageTop