FC2ブログ

川口英俊の晴耕雨読ブログ

「笑顔の先にある世界」代表・村越さん・新プロジェクト応援

「笑顔の先にある世界」代表・村越さん・新プロジェクト応援

2018.11.16、インドでNGO活動をされている「笑顔の先にある世界」代表、村越さんがお寺にお越しになられました。



以前、クラウドファンディングにて、「カーストで差別されたインドの子ども達に継続して学べる環境を」にて、ご支援させて頂きましたリターンとしての、子ども達からのお礼のお手紙を、わざわざ帰国されている中、届けて下さいました。





可愛らしい花の絵も。。

村越さんは、引き続き継続的に支援ができる体制をとのことで、新たなプロジェクトを立ち上げられています。

今度のプロジェクトは今までとは違い、かなり大きなもの。

更に支援の輪を広げることが必要となっております。

「インド最貧州で持続可能な学校を目指してゲストハウス建設に臨む」
https://readyfor.jp/projects/egaonosakiniarusekai20182



僭越ながらに、色々とこれまでの私の拙い経験からも、少しアドバイスをさせて頂きました。

村越さんの熱い思い、志をお聞かせ頂きまして、このプロジェクトも成功するために、できる限りお手伝いをさせて頂こうと存じます。

どうか皆さま方も、是非、プロジェクトのページをのぞいて頂きまして、宜しければ、ご協力、ご支援を賜われましたら、有り難くに存じます。

・・

ダライ・ラマ法王猊下様御導師特別法要
11/22「平安・平和への祈りin福岡~21世紀を生きるための知恵の教え~」

有り難くにも参列させて頂けることになりました。何とか当日、無事に福岡まで至れて、ご仏縁にあずかれますことを。



http://www.tibethouse.jp/event/2018/teaching181122.html

祈り、ご供養と共に、法王様との尊く有り難いご仏縁を頂戴できます、稀有貴重格別なる最高の機会となります。

2018.11.15・ご法話・ご灌頂・Facebookページ中継録画
https://bit.ly/2zT3SLm

2018.11.14・ご法話・Facebookページ中継録画
https://bit.ly/2QGW4mX

御滞在の間、日本が仏徳に包まれます。

(あなたは、)多様な戯論を離れた勝義〔空性〕に関するすべての勝者〔仏の別称〕の智慧の集まりの中に(住して)おられるけれども、同時に、(あなたは、)幸運な者たちの目に見えるように、この身体に化現されています。尊いラマよ、私はあなたにお願い致します。私たちと共に永く留まって、道を示してください。

口自在たる慧蔵にて至善なる勝者流の、教誨の真髄を持す比類なき御方、無数なる勝者の海を凝集せし御身に祈願せん。最上と共通の悉地を給わんことを。ダライ・ラマ14世ガクワン・ロサン・テンジン・ギャツォ猊下に最敬礼申し上げます。合掌

http://www.dalailamajapanese.com/japan-visits/2018

ご法話、ご講演がネットライブ中継されています。有り難いことでございます。合掌

Live Webcass: Teachings and Talks from Japan
http://www.dalailamajapanese.com/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E4%B8%AD%E7%B6%99-20181114

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

・・

お坊さんネットQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

・・

旧・東大阪市療育センター・ソメイヨシノ挿し木存続へと向けて・8(2018.10.31-11.16)
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0995a81e9ffacfd0250a3e20bac645d0

「お地蔵さんになったお医者さん」(故・中新井邦夫医師を思う)2018.4.21
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/1e552c1bf8819edd28020c5110b0af1e

・・

春秋彼岸中日・年2回開催・夕陽の彼方に観た浄土
往生院「日想観・極楽誓願法要」
次回開催は、3/21・秋彼岸中日・夕刻(雨天中止)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/72883056.html

岩瀧山・滝行修行ご案内
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/77069127.html

往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/

・・

本年の仏教修学予定について(川口英俊)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d233c5c6bfd2979249d75c85ade86378

日々の修習の記録・・

毎日のお勤め・・

・六座グル・ヨーガ(フルバージョン)(朝夕)
・ガンデン・ラギャマのグル・ヨーガ
・チッタマニターラ尊成就法

都度のお勤め・・

・甚深道たる上師供養儀軌・楽空無差別のグル・ヨーガ       
・上師供養における供物の供養というもの             
・ポア(ポワ)観想成就法・ミトラジョーキ大師「三つの真髄の教え」
・「五次第」読誦(秘密集会究竟次第解説和訳テクスト)

「本年の仏教修学予定について」2017.12.24
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d233c5c6bfd2979249d75c85ade86378



口自在たる慧蔵にて至善なる勝者流の、教誨の真髄を持す比類なき御方、無数なる勝者の海を凝集せし御身に祈願せん。最上と共通の悉地を給わんことを。ダライ・ラマ14世ガクワン・ロサン・テンジン・ギャツォ猊下に最敬礼申し上げます。

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

・・

これまでの過去記事等は、拙サイトをご参照頂けましたらと存じます。

川口英俊サイト
http://www.hide.vc/

スポンサーサイト

PageTop

9月・10月

2018.10.11「奉祝 興福寺中金堂御落慶慶讃法要・結願・法華経寿量品講讃法要・興福寺厳修」
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/61e60f840abf2832d3d53f398f7626a3

2018.10.9「奉祝 興福寺中金堂御落慶慶讃法要参列 南都六宗諸大寺厳修」
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/22424b0dd047ee0bfc5b1c1730d63595

・・

「ひがしおおさか体感まち博」に往生院六萬寺「滝行体験」と「防災学習」エントリー
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/77764567.html

ひがしおおさか体感まち博「パワースポット生駒山麓で滝行体験」
http://hta.deci.jp/Machihaku/takigyo/













七名の参加。良き修行となり、無事に成満いたしました。

ご参加頂きました皆さま、誠にありがとうございました。合掌

岩瀧山・滝行修行ご案内
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/77069127.html

春秋彼岸中日・年2回開催・夕陽の彼方に観た浄土
往生院「日想観・極楽誓願法要」

2018.9.23 彼岸中日・往生院「日想観極楽誓願法要」ご報告
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/77657651.html

次回開催は、3/21・秋彼岸中日・夕刻(雨天中止)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/72883056.html

往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/

・・

hasunoha丸6年(2018.11.19)へ向けて、1日1問ペースとなる2190回答(現在2183)を超えられるように頑張っています。

お坊さんネットQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

・・

ソメイヨシノ挿し木の経過・・

旧・東大阪市療育センター・ソメイヨシノ挿し木存続へと向けて・7(2018.10.14-10.30)
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/91e07c2c5987346e73dbcb45f25680f4

「お地蔵さんになったお医者さん」(故・中新井邦夫医師を思う)2018.4.21
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/1e552c1bf8819edd28020c5110b0af1e

・・

本年の仏教修学予定について(川口英俊)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d233c5c6bfd2979249d75c85ade86378

日々の修習の記録・・

毎日のお勤め・・

・六座グル・ヨーガ(フルバージョン)(朝夕)
・ガンデン・ラギャマのグル・ヨーガ
・チッタマニターラ尊成就法

都度のお勤め・・

・甚深道たる上師供養儀軌・楽空無差別のグル・ヨーガ       
・上師供養における供物の供養というもの             
・ポア(ポワ)観想成就法・ミトラジョーキ大師「三つの真髄の教え」
・「五次第」読誦(秘密集会究竟次第解説和訳テクスト)

「本年の仏教修学予定について」2017.12.24
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d233c5c6bfd2979249d75c85ade86378



口自在たる慧蔵にて至善なる勝者流の、教誨の真髄を持す比類なき御方、無数なる勝者の海を凝集せし御身に祈願せん。最上と共通の悉地を給わんことを。ダライ・ラマ14世ガクワン・ロサン・テンジン・ギャツォ猊下に最敬礼申し上げます。

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

・・

これまでの過去記事等は、拙サイトをご参照頂けましたらと存じます。

川口英俊サイト
http://www.hide.vc/

PageTop

どーなってる?! 東大阪「東大阪鳩まめ倶楽部」さん取材記事「往生院・滝行体験」


どーなってる?! 東大阪「東大阪鳩まめ倶楽部」さん取材記事「往生院・滝行体験」

http://www.do-natteruno.com/con_c/c536/c536.html

http://www.do-natteruno.com/

この度、当寺の「滝行再興」について、地元ネット・メディア「東大阪鳩まめ倶楽部」さんに取材、滝行体験を頂きました。



よくまとめて頂いておりまして、誠に有り難いことでございます。

皆様の善き仏道修行として頂けますように、更に聖域護持に努めて参りたいと存じます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。合掌

往生院六萬寺の山号の由来である「岩瀧山」には、その名の通りに険しい岩肌と共に、多数の滝があることから、役行者以来の修験道の修行場であったと伝わっています。河内名所図会・往生院・岩瀧山の紹介記述には、「いにしへは、役行者、山獄をひらき、伊駒、鳴川、鬼取につづきて、修験練行の地とし給ふ。当山、女人の参詣をゆるし給へば、世に女人の大峰とぞ称しける。」とあり、昔より、岩瀧山は男女平等の修行場であったこともうかがい知ることができます。現在、現存している最も大きな滝のあるところを、岩滝と名付け、不動明王様を長年お祀りしておりましたところ、平成三十年四月に滝つぼ調査の際に、滝行場の跡であったと思われる台石を発掘することができました。現在の往生院六萬寺の寺史が編纂された元となる資料類には、この滝行場の記述が全く無いことから、かなり昔に廃れてしまって、長年、歴史の陰に埋もれてしまっていたのではないだろうかと考えています。この台石は、役行者の時代まで遡るのは難しいことであるかもしれませんが、かなり昔からこの場にて滝行が修されていたことは間違いないのではないだろうかと思われます。この度、台石の発見を機縁として、再び滝行を再興することと致しました。どうか、皆様の善き仏道修行の一助となりますことを、祈念申し上げます。合掌

滝行修行 希望者・事前完全予約制 詳細は寺務所まで

岩瀧山・滝行修行ご案内・往生院六萬寺
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/77069127.html

往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/

・・

お坊さんネットQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

・・

旧・東大阪市療育センター・ソメイヨシノ挿し木存続へと向けて・3(2018.7.29-8.15)
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/786709ea9ffbb4e232577af016039dd9

旧・東大阪市療育センター・ソメイヨシノ挿し木存続へと向けて・2(2018.7.8-7.28)
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6832d71b994eab9e115a64c78da34fed

旧・東大阪市療育センター・ソメイヨシノ挿し木存続へと向けて・1(2018.7.7)
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/56b1514f978f34242857407096309583

「お地蔵さんになったお医者さん」(故・中新井邦夫医師を思う)2018.4.21
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/1e552c1bf8819edd28020c5110b0af1e

・・

本年の仏教修学予定について(川口英俊)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d233c5c6bfd2979249d75c85ade86378

日々の修習の記録・・

毎日のお勤め・・

・六座グル・ヨーガ(フルバージョン)(朝夕)
・ガンデン・ラギャマのグル・ヨーガ
・チッタマニターラ尊成就法

都度のお勤め・・

・甚深道たる上師供養儀軌・楽空無差別のグル・ヨーガ       
・上師供養における供物の供養というもの             
・ポア(ポワ)観想成就法・ミトラジョーキ大師「三つの真髄の教え」
・「五次第」読誦(秘密集会究竟次第解説和訳テクスト)

「本年の仏教修学予定について」2017.12.24
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d233c5c6bfd2979249d75c85ade86378



口自在たる慧蔵にて至善なる勝者流の、教誨の真髄を持す比類なき御方、無数なる勝者の海を凝集せし御身に祈願せん。最上と共通の悉地を給わんことを。ダライ・ラマ14世ガクワン・ロサン・テンジン・ギャツォ猊下に最敬礼申し上げます。

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

ダライ・ラマ法王猊下ご来日法話
『縁起讃・修習次第(中篇)・聖観自在菩薩の許可灌頂』
開催日:2018年11月14日(水)~16日(金)
会場:パシフィコ横浜国立大ホール
チケット販売:チケットぴあ、ローソンチケットにて
詳しくはダライ・ラマ法王日本代表部事務所のウェブサイトをご覧下さい。
http://www.tibethouse.jp/event/

・・

春秋彼岸中日・年2回開催・夕陽の彼方に観た浄土
往生院「日想観・極楽誓願法要」
次回開催は、9/23・秋彼岸中日・夕刻(雨天中止)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/72883056.html

岩瀧山・滝行修行ご案内
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/77069127.html



往生院六萬寺・岩瀧山・滝行再興法要ご報告(2018.6.28)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/76729374.html

往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/

・・

これまでの過去記事等は、拙サイトをご参照頂けましたらと存じます。

川口英俊サイト
http://www.hide.vc/

PageTop

「仏教は悩み多き人を救う」/「思考停止」と「仏教」について/旧・東大阪市療育センター・ソメイヨシノ挿し木存続へと向けて・2


「仏教は悩み多き人を救う」清風校長が密教経典を紹介、ダライ・ラマ14世との交流も
https://www.sankei.com/smp/west/news/180720/wst1807200004-s1.html

平岡宏一先生を始めてお見かけ致したのが、2014年春の種智院大学でのダライ・ラマ法王様の密教講演会での通訳の時。

もちろん、その前から先生のことは、「ゲルク派版 チベット死者の書」などの著書からは知っていたのですが、、

最初にお見かけしたその際には、なんだか昔に会ったことのあるような、友人に近い知り合いのような懐かしい感じを受けたのであります。。

その後、2016年秋のチッタマニターラ尊灌頂における法王様への拙質問に関する問い合わせのことから、個人的な交流が始まり、以来、「秘密集会タントラ概論」における拙疑問点から、無上瑜伽タントラについて、ご指導を賜っているのであります。

あまり頻繁にご質問をするのは、お忙しい中、大変に失礼であるため、半年に一度、それも一、二点ほどに留めた上にて、ご指導を頂いております。

やり取りの中から、先生とのご仏縁は、私の過去世との繋がりのものも、どこかあるからなのかもしれないのかなーと、不思議と、有り難くに思うこともございます。

しかし、先生の天才的な密教修習は、正直、私などの凡人ではとても及ぶところのものではなく、心からご敬服致す次第であります。

この機会に、先生とのやり取りから頂きましたメッセージを、皆さんにも少しだけご紹介をさせて頂きたいと存じます。

「・・難解ですが、先生方の伝授や、その際に自分が感じたこと等をそのまま著しました。

日本の仏教復興の役に立てたいという気持ちで知っている限りのことを書いたつもりです。

全部のネタを小出しにした方がよいのではと言ってくれた友人もいますが、シャーンティデーヴァが『入菩薩行論』の第四章で述べているように、病気の無い今日のように、食に恵まれ、危害を加える者が居なくても、人生とは刹那に惑わせるもので、身体はつかの間の借り物の如し。

何時、死が訪れるかは分かりません。

知っている限りのことをちゃんと志ある皆さんにお伝えしておくことが大切だと思っています。・・」

・・

「思考停止」と「仏教」について

仏教か否かの定義はまた別として、オウム真理教や、色々な仏教系カルトと呼ばれているような宗教たち、または、最近、「悟り」を売りにしている「非二元(アドヴァイタ・ノンデュアリティ)」、あるいは、仏教内にも昔からある悪しき「不二一元論」、「無分別知」も含めて、もっとも気をつけなければならないのが、「思考停止」に陥らされてしまうこと。

「思考停止」と共に、あとは不安と恐怖を煽られるだけ煽られ続けて、ただ教祖、教団の思うがままに支配され、搾取されてしまうことに…

しかし、仏陀・如来の慈悲や救いを奇貨とした「思考停止」への誘いは、上記でのことも含めて、仏教内部にも昔から常に巣喰い続けているのも現実…

ある意味では、「非二元」を称賛される高僧がいるのも致し方なしなところも…

とにかく、仏教は「思考停止」を目指すものではない。

智慧と慈悲(方便)を兼ね備えた仏陀・如来を目指すものである。

そのために「思考停止」なるものが本当に必要なのかを、今一度、しかるべくに考えることが求められるのであります。

「仏教における殺しと救い」(森雅秀先生)
http://mmori.w3.kanazawa-u.ac.jp/works/article_pdf/3_48murdere&salvation.pdf

・・

旧・東大阪市療育センター・ソメイヨシノ挿し木存続へと向けて・2(2018.7.8-7.28)

2018.7.28

台風12号が直撃しそうです・・暑さは和らぎそうですが・・大雨で叩きつけられて傷まないかも心配です・・試練は続きます・・





2018.7.27

当初挿しの472の内、まだ葉っぱがついているのが、60に・・

12.7%・・

最後に挿したのは、まだ大半は大丈夫ながら、黄色くなってきているのも・・





2018.7.26

十数日続いた猛暑日もようやく和らぎそうな・・本当によく頑張ってくれています。

まだ葉っぱが元気なものが70ほど。これらは発根している可能性が高くあります。







試練はまだまだ続きますが、とにかく暑さ一段落に安堵になります。

2018.6.25

葉っぱが弱っているものを抜かせて頂きますと、発根していました。



しかし、白色ではなく、茶色に・・根腐れを起こして、弱くなってしまっていたようです・・下に受けを置いて水が溜まり過ぎていたからかもしれません・・水やり、保湿も難しいですね・・せっかく発根しているのに・・



メネデール入りの水に浸けて、しばらく様子を見て、挿し直しますが・・もう再生はないかもしれません・・

難しい・・

2018.7.24

今日で三週間。完全日陰にあったものでまだ葉っぱのあるものが、その葉っぱが白くなってきているため、やはり少しでも陽が当たる方が良いのかも・・と、移動。



まだ当初挿し木したもので、葉っぱがあるのが80ほど・・そして、472の内の半分はおそらくもうダメに・・

挿し木した枝が、完全に茶色くなっているのはもはやダメでしょう・・

最後に挿し木したものは、もちろんまだ元気ですが・・

どうだろう・・この炎暑の夏、乗り越えられるのが一つでもあるのだろうか・・少し不安に・・

2018.7.23

明日で三週間。この暑さ、少し和らいでほしいものです・・とにかく発根を信じて・・





2018.7.22

当初の挿し木472の内、まだ葉っぱが残っているものが、84に・・17%・・

この84には、発根している可能性が高くあるものの・・

室内退避のもので葉っぱが残っているのが、11・・





発根の一つの目安の3週間が明後日・・そこがまず一つのラインとなります。この暑さが続くと本当に厳しい・・

2018.7.21

とにかく暑い日が続き過ぎです・・こまめな水やりが欠かせません。

冷蔵庫で冷やした霧吹きも使います


まだ葉が青いものがあるのが信じられないぐらいの暑さ続きですが、とにかく発根して安定するのを信じて・・







2018.7.20

この炎暑の中ですが、7/3から水挿しにして、室内で特別に管理していたものもいよいよ挿すことにしました。このまま水に挿していても、どうも根は出ないようです・・



芽は出てきているのですがね・・


挿し木として更に剪定


これまで途中経過を観察してきたものから、(枝分かれしている)節付近からが発根しているようで、その他の中間付近で切ってあるもののところからは根が出にくい感じです。節付近を先として挿せるように剪定して調えました。



発根促進剤のルートンをつけて


何かで鉢やプランターのふち付近の方が根が出やすいと書いてあったので、ふち付近から挿し木


これで最後の挿し木


ここからが勝負です。既に当初に挿した472の半分ぐらいはダメになってしまっている感じでありますが、もう三週間近くになるものの、葉っぱの状態が変わらないものもあり、発根している可能性があるものがチラホラです。とにかく一つでも多く残せられるように。

2018.7.19

38度・・





とにかく高温にやられないように、何度も水やりに・・大丈夫かな・・ガンバレ・・







ナント、別に万が一のためとして、住職にも挿し木してもらっているところから新芽が。。



新芽が出てきているということは、確実に根が出てきているということ。。ひとまず根が出てきているものがあるということで、一安心に。。しかし、この暑さ、油断はできません。とにかく一つでも多く生き残らせられるように頑張りたいです。



2018.7.18

室内に退避したものも、改めて挿し直しました。これでもう最後まで様子を見ることに致します。どうか頑張ってくれ。。



根が出てきそうなものも幾つかあり、かなり期待しています。勝負です。。










2018.7.17

挿し木から二週間が経ちました。今朝に当初から残っている挿し木を数えました・・126

472のうちの126です・・

26%・・四分の一に・・

更に危ないのも増えています・・安定した発根までにはあと一週間は最低必要です・・

耐えきれるか・・最後まで、とにかく諦めない。

既に空いたポットやプランターが散乱しています・・





2018.7.16

この暑さでも頑張っているものをある程度まとめました。かなり少なくなりましたが、まだ希望はあります。諦めない。







室内退避のもの


水挿しのもの


2018.7.15

この暑さで外のものも次々に救出です・・このままでは・・



頼りの室内ペットボトルポットも一日一本ずつぐらいに危なくなっています・・



2018.7.14

こ酷暑で更に萎れてしまったもの数本を避難させました・・この暑さが続くと・・

植物活性剤入りの水に浸けてあるものからは、少し毛根のようなものが出てきているものも・・



とにかく発根を信じて・・

2018.7.13

現在、最初に挿し木したままのものが、184に・・つまり、全部で472のうちの6割ほどの298は活性剤入り水に退避したのであります・・



ペットボトルポットが誠に頼りです・・



2018.7.12

やはりこの暑さもあり次々にダウン・・挿し木たちを避難させて、かなり歯抜け状態に。。







このプランターなど残っているのが3本だけ・・


例え葉が無くなって枝だけでも、発根の可能性を信じ、活性剤入りの水につけて、完全に腐るまでは・・

2018.7.11

葉が落ちてしまったもの、萎れたものを全て植物活性剤入りの水に・・



その数既に100を超えています・・

ペットボトルポットが誠に頼りです。何とか全滅は避けたい・・





2018.7.10

剪定から一週間・・この連日の暑さでいくら水やりしても追いつかず・・ついに葉が枯れだしてきました・・





葉が取れたもの、明らかに弱っているものは、急きょ引っこ抜き、また茎を少し切り、直接にHB-101の原液を薄めた水に浸すことにしました・・



予想されていたこととはいえ、やはり気温が30度を超えてくるとかなり厳しいですね・・

このままでは本当に全滅も・・有効と思われるペットボトルポットは、屋内に退避させます。

2018.7.9

挿し木、既に幾つか萎れてしまってきています・・この暑さ・・やはり厳しい・・472あるうちのもう3、4本はダメに・・こまめに水やりと霧吹きで何とかしないと・・

2018.7.8

岩瀧で採取した川砂で、残り6本ほど残してあったものを挿し木


岩瀧の砂


旧・東大阪市療育センター・ソメイヨシノ挿し木存続へと向けて・1(2018.7.7)
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/56b1514f978f34242857407096309583

(趣旨)故・中新井邦夫先生が、まさに命を懸けられて設立にご尽力をなさられた旧・東大阪市療育センターの設立の際に植えられた桜の木・ソメイヨシノ。樹齢約40年。今や施設の取り壊しと共に、いつ切り倒されてもおかしくない状態にて、この度、長年にわたり、センターの皆の色々な思いと共に、多くの子供たちの成長を見守ってきてくれたこの桜の木を、何とか存続させることで、その「いのち」を挿し木にて紡いで、後世にその存在を繋げることができればと思い、取り組むことと致しました。実際に、根が出て、冬を越し、新しい芽を出し、そして、いずれ花を咲かせてくれるまで成長してくれるのかどうか、色々と困難もございますが、一本でも多く、存続ができますように努めて参りたいと存じます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「お地蔵さんになったお医者さん」(故・中新井邦夫医師を思う)2018.4.21
https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/1e552c1bf8819edd28020c5110b0af1e

2018.7.2

挿し木準備。

故・中新井邦夫医師が初代療育センター長として、まさに命を懸けられて出発した旧・東大阪市療育センターの、その設立当初に植樹されたソメイヨシノ。

センターが一昨年に廃止され、建物も樹木もいつ撤去が始まるのか、時間の問題でありました。

そこで、下記のブログ記事にて少しコメントをさせて頂いておりましたように、移植は難しいことながら、若芽の枝の「挿し木」であれば、そこから根が出れば、その「いのち」を引き続き残せることになるのではないかと思い、色々と考えておりました中で、管理されている行政の担当課に、故・中新井邦夫医師と共にセンター設立にご尽力なさられました方から掛け合って頂きましたところ、ご厚意にて敷地へと入る許可を頂くことができました。

「最後(?!)の桜 ~新たな節目の春に~」(山ねこ工作室のブログ)
http://yamaneko-kousakusitu.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-fdfa.html

そこで、急遽、挿し木について勉強し、その準備を調えることに。

何とか挿し木を行い、まず根を出すことに成功できればと考えています。

失敗は許されません。必ず挿し木を成功し、やがて綺麗な満開の桜を咲かせたいと思います。

ペットボトルで作った挿し木鉢・市販の挿し木用肥料


ペットボトルを半分に切り、蓋に穴を開けて逆さにして受け口をつくります。



余分な水は下に貯まると共に乾燥防止にも役立ちそうです。

挿し木の基本肥料・赤玉土


挿し木用として売られている肥料


そのまま地植えもできる紙製のポットに赤玉土




挿し木用肥料




植物活性剤・活力剤メネデールとHB-101


挿し木・発根促進剤・ルートン


2018.7.3

午後から旧・東大阪市療育センターへ。

台風接近中にて、天気が心配でしたが、何とか晴れてくれました。管理の担当課の方が、この日にたまたま敷地内の草刈作業をされている関連で、入らせて頂くタイミングとなり、もし雨で作業が中止になってしまっていたら、もう機会がなかったかもしれないため、本当に良かったです。



エントランス


現在管理されている行政担当課の方のご厚意による許可にてセンター内に入らせて頂きまして、設立当初から育った樹齢40年ほどとなるソメイヨシノの枝を切らせて頂きました。

行政の方へと事情を説明して許可を頂くことに協力して下さった方は、故・中新井邦夫医師と共に、センター設立に行政側としてご尽力なさられた方のお一人。「たたかいはいのち果てる日まで」にも登場されています。もちろん、もう市も退職されて10年以上となりますが、有り難くにご協力を頂きました。厚く感謝申し上げます。

旧・東大阪市療育センターの中庭にあるソメイヨシノ。幹がかなり太く、近くで見ればかなり大きく育っており、これは移植は到底無理だと改めて思いましたね・・




剪定ばさみで枝を切らせて頂く。狙いは今年に生えたまだ一部緑色の残る枝


バケツいっぱいに50本ほど


帰りの車内・助手席いっぱいに。暑さにやられないように冷房をフルにかけました


到着したら早速に水あげ作業



植物活性剤入りの水につけます

挿し木のために細かく剪定

葉を三分の一ほどにして、二、三枚を残し、植える先を楔形に調えます

剪定後の水あげ




水あげ後、発根促進剤、ルートンを塗って、いよいよ挿し木


まずは、ペットボトルで作ったポットに






次に紙で作られたポットに。植え替えが簡単にそのままできるポット


桜餅がつつめるぐらいの大きな葉っぱ


更に作業は続きます・・

2018.7.4

挿し木続き。

色々な挿し木用肥料を試します。


一つだけでなく二つや三つ配合して使ったりと、色々なパターンを試しに試します。





何とか100程になりました。まだかなり残っています。

2018.7.5

とにかくまだ挿し木するものが、たくさんあり、法務の合間に急いで挿し木。

更に挿し木のための肥料のバージョンを試しています。




もう挿し木職人です(笑)

とにかく一つでも多く、まずは根が出ます事を。

2018.7.6

ようやく全て挿し木することができました。

その総数、ナント、472。予想よりかなり多くなりました。

このうち幾つに根が出て、そして、成長し、やがて花を咲かせてくれることになるのか・・

発根促進剤・ルートンの力にも期待しています。

あとはこまめな水やりと、一週間に一度の活性剤入りの水やりとなります。

















また、随時、生育の様子をレポートして参りたいと存じます。

川口英俊

http://www.hide.vc/

PageTop

往生院六萬寺・岩瀧山・滝行再興法要(2018.6.28)

往生院六萬寺・岩瀧山・滝行再興法要(2018.6.28)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/76729374.html

平成30年6月28日、不動尊ご縁日に合わせまして、岩瀧山・滝行再興法要を厳修させて頂きました。

いよいよこれにて岩瀧山・滝行再興となりました。誠に有り難いご仏縁でございます。尚いっそう仏道精進に努めて参りたいと存じます。

副住職 川口英俊 合掌

滝行をご希望なさられる方へは、当面、一か月前までの完全予約制にて、月限定2組のご案内からと考えております。滝行ご修行なさられたい方は、寺務所・副住職までお問い合わせ下さいませ。

御本堂・役行者神変大菩薩様前にて、開経偈・般若心経・大悲呪・消災呪・本尊略回向・神変大菩薩ご真言・滝行再興報告・滝行成就祈願





岩瀧へ





岩瀧不動明王様前にて、滝行再興法要

開経偈・懺悔文・三帰戒・般若心経・大悲呪・消災呪・本尊略回向・慈救咒

滝行場再興開眼・洒水清め



滝行始め

三拝


滝行・慈救咒・普回向・略三宝・四弘誓願・滝行御礼









岩瀧山滝行次第



 往生院六萬寺の山号の由来である「岩瀧山」には、その名の通りに険しい岩肌と共に、多数の滝があることから、役行者以来の修験道の修行場であったと伝わっています。河内名所図会・往生院・岩瀧山の紹介記述には、「いにしへは、役行者、山獄をひらき、伊駒、鳴川、鬼取につづきて、修験練行の地とし給ふ。当山、女人の参詣をゆるし給へば、世に女人の大峰とぞ称しける。」とあり、昔より、男女平等の修行場であったこともうかがい知ることができます。
 現在、現存している最も大きな滝のあるところを、岩滝と名付け、不動明王様を長年お祀りしておりましたところ、平成三十年四月に滝つぼ調査の際に、滝行場の跡であったと思われる台石を発掘することができました。
 現在の往生院六萬寺の寺史が編纂された元となる資料類には、この滝行場の記述が全く無いことから、かなり昔に廃れてしまって、長年、歴史の陰に埋もれてしまっていたのではないだろうかと考えています。
 この台石は、役行者の時代まで遡るのは難しいことであるかもしれませんが、かなり昔からこの場にて滝行が修されていたことは間違いないのではないだろうかと思われます。
 この度、台石の発見を機縁として、再び滝行を再興することと致しました。
 どうか、皆様の善き仏道修行の一助となりますことを、祈念申し上げます。合掌

岩瀧・滝行・次第・お経 

一、寺務所にて滝行管理者から注意事項の説明
一、御本堂へとお参り
  役行者神変大菩薩様前にて、滝行成就祈願
  ご真言
  「オン・ギャク・ギャク・エンノウバソク・アランキャ・ソワカ」七返
  ご真言の次に、合掌しながら、心の中で「本日、往生院六萬寺・岩瀧にて滝行を勤めさせて頂きます〇〇〇〇と申します。どうか滝行成就のお加持の程を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。」と述べる。
一、滝行管理者の先導にて、奥之院の奥へ山を進み、
  岩瀧へと到着(※道中、足元に注意必要)
一、岩瀧の特設の簡易テント内で、一名ずつ着替え
一、岩瀧不動尊前にてお勤め
  開経偈・懺悔文・三帰戒・般若心経・消災呪・本尊略回向(岩瀧不動明王様)
一、滝行(不動明王ご真言・慈救咒 小咒でも可)
  普回向・略三宝・四弘誓願
一、滝行成就感謝
  合掌して、岩瀧へ向かって、「本日はありがとうございました。」修了
一、同行者の滝行の無事を見守る。
  同行者滝行時、真言を共にお唱えするのも可

岩瀧不動尊・お勤めのお経 

「開経偈」(かいきょうげ)三返

無上甚深微妙法[むじょうじんじんみみょうほう]
百千万劫難遭遇[ひゃくせんまんごうなんそうぐう]
我今見聞得受持[がこんけんもんとくじゅじ]
願解如来真実義[がんげにょらいしんじつぎ]

「懺悔文」(さんげもん)三返

我昔所造諸悪業 [がしゃくしょぞう しょあくごう]
皆由無始貪瞋痴 [かいゆむし とんじんち]
従身語意之所生 [じゅうしんごい ししょしょう]
一切我今皆懺悔 [いっさいがこん かいさんげ]

「三帰戒」(さんきかい)三返

南無帰依仏[なむきえぶつ]
南無帰依法[なむきえほう]
南無帰依僧[なむきえそう]
帰依仏無上尊[きえぶつむじょうそん]
帰依法離欲尊[きえほうりよくそん]
帰依僧和合尊[きえそうわごうそん]
帰依仏竟[きえぶっきょう]
帰依法竟[きえほうきょう]
帰依僧竟[きえそうきょう]

「般若心経」(はんにゃしんぎょう)

摩訶般若波羅蜜多心経。[まかはんにゃはらみったしんぎょう]
觀自在菩薩。[かんじざいぼさつ]
行深般若波羅蜜多時。[ぎょうじんはんにゃはらみったじ]
照見五蘊皆空。[しょうけんごうんかいくう]
度一切苦厄。[どいっさいくやく]
舍利子。色不異空。空不異色。[しゃりししきふいくうくうふいしき]
色即是空。空即是色。[しきそくぜくうくうそくぜしき]
受想行識亦復如是。[じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ]
舍利子。是諸法空相。[しゃりしぜしょほうくうそう]
不生不滅。不垢不淨。[ふしょうふめつふくふじょう]
不増不減。是故空中。無色。[ふぞうふげんぜこくうちゅうむしき]
無受想行識。無眼耳鼻舌身意。[むじゅそうぎょうしき] 
無眼耳鼻舌身意。[むげんにびぜっしんい]
無色聲香味觸法。無眼界。[むしきしょうこうみそくほうむげんかい]
乃至無意識界。無無明。[ないしむいしきかいむむみょう]
亦無無明盡。乃至無老死。[やくむむみょうじんないしむろうし]
亦無老死盡。無苦集滅道。[やくむろうしじんむくしゅうめつどう]
無智亦無得。以無所得故。[むちやくむとくいむしょとくこ]
菩提薩埵。[ぼだいさった]
依般若波羅蜜多故。[えはんにゃはらみったこ]
心無罣礙。無罣礙故。[しんむけいげむけいげこ]
無有恐怖。[むうくふ]
遠離一切顛倒夢想。[おんりいっさいてんどうむそう]
究竟涅槃。三世諸佛。[くきょうねはんさんぜしょぶつ]
依般若波羅蜜多故。[えはんにゃはらみったこ]
得阿耨多羅三藐三菩提。[とくあのくたらさんみゃくさんぼだい]
故知般若波羅蜜多。[こちはんにゃはらみった]
是大神咒。[ぜだいじんしゅ]
是大明咒是無上咒。[ぜだいみょうしゅぜむじょうしゅ]
是無等等咒。能除一切苦。[ぜむとうどうしゅのうじょいっさいく]
眞實不虚故。[しんじつふこ]
説般若波羅蜜多咒。[こせつはんにゃはらみったしゅ]
即説咒曰。羯諦 羯諦[そくせつしゅわつぎゃていぎゃてい]
般羅羯諦。般羅僧羯諦[はらぎゃていはらそうぎゃてい]
菩提僧婆訶[ぼじそわか]般若心経。[はんにゃしんぎょう]

「消災妙吉祥神呪」(しょうさいみょうきしょうじんしゅ)(三返)

曩謨三滿哆 なむさんまんだ 母駄喃 もとなん 
阿盋囉底 おはらち 賀哆舍 ことしゃ 
娑曩喃 そのなん 怛姪他 とじと 唵 えん
佉佉 ぎゃぎゃ 佉呬 ぎゃき  佉呬 ぎゃき 
吽吽 うんぬん 入嚩囉 しふら 入嚩囉 しふら  
盋羅入嚩羅 はらしふら  盋羅入嚩羅 はらしふら
底瑟姹 ちしゅさ 底瑟姹 ちしゅさ
瑟致哩 ししゅり  瑟致哩 ししゅり 
娑發吒 そはじゃ 娑發吒 そはじゃ
扇底迦 せちぎゃ 室哩曳 しりえい 娑嚩訶 そもこ

「本尊略回向」(ほんぞんりゃくえこう)不動明王様
仰(あお)ぎ惟(おもん)みれば三宝(さんぼう)ことごとく証智(しょうち)を賜(たまわ)りたまえ。上来(じょうらい)つつしんで般若心経(はんにゃしんぎょう)、消災妙吉祥神呪(しょうさいみょうきじょうじんしゅ)を諷誦(ふじゅ)す。集むる所の功徳は、ご本尊、岩瀧不動明王(いわたきふどうみょうおう)、真如実際(しんにょにっさい)に回向し、無上の仏果菩提(ぶっかぼだい)を荘厳(しょうごん)す。伏して願わくは、上(かみ)四恩(しおん)に報い、下(しも)三有(さんゆう)をたすけ、法界(ほっかい)の群生(ぐんじょう)と同じく種智(しゅち)を円(まど)かにせんことを。十方三世一切(じっぽうさんぜいっさい)の諸仏諸尊菩薩摩訶薩(しょぶつしょそんぼさつまかさつ)、摩訶般若波羅蜜(まかはんにゃはらみつ)」

滝行中 不動明王様ご真言
 
慈救咒 (じくしゅ)

「ノウマク・サンマンダ・バサラダン・センダンマカロシャダヤ・ソハタヤ・ウンタラタ・カンマン」

小咒(しょうしゅ)

「ノウマク・サンマンダ・バザラダン・カン」

滝行後
 
「普回向」(ふえこう)

願わくは此の功徳を以て、普(あまね)く一切に及ぼし、我等と衆生と、皆共に仏道を成ぜんことを。

「略三宝」(りゃくさんぽう)

十方三世一切(じっぽうさんぜいっさい)の諸仏諸尊菩薩(しょぶつしょそんぼさつ)、摩訶薩(まかさつ)、摩訶般若波羅蜜(まかはんにゃはらみつ)。

「四弘誓願」(しぐせいがん)三返

衆生無辺誓願度[しゅじょうむへんせいがんど]
煩悩無尽誓願断[ぼんのうむじんせいがんだん]
法門無量誓願学[ほうもんむりょうせいがんがく]
仏道無上誓願成[ぶつどうむじょうせいがんじょう]

本日は、岩瀧滝行、よくおつとめ下さいました。

ありがとうございました。

これからも、一切衆生の済度へと向けた悟りを目指して、日々、できる限りに仏教を修して、功徳に努めて参りたいものでございます。

往生院六萬寺 合掌

・・

春秋彼岸中日・年2回開催・夕陽の彼方に観た浄土
往生院「日想観・極楽誓願法要」
次回開催は、9/23・秋彼岸中日・夕刻(雨天中止)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/72883056.html

往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/

PageTop